So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

AKB総選挙 [芸能]

恒例のAKB48グループの選抜総選挙(2018年6月16日開票)の投票開始まで10日を切る中、海外勢が躍進する可能性が出てきた。18年は10回目の開催で「世界選抜総選挙」をうたって台湾・台北の「TPE48」やタイ・バンコク「BNK48」の姉妹グループメンバーが参加するようです

 5月19日に立候補メンバーによる「政見放送」にあたるアピール動画がユーチューブに公開されたのだが、どういうわけか、再生回数上位10人中7人をBNK48のメンバーが占めている。

 アピール動画は立候補した339人が1~2分間で総選挙への意気込みを語る内容。5月19日午後に動画配信サービス「SHOWROOM」で公開され、同日20時にはユーチューブでも掲載が始まった。それからおよそ1日半が経過した21日正午時点で、多く再生されたメンバーの多くが、10人しか立候補していないBNKのメンバーなのだ。

 最も再生回数が多かったのは、BNKキャプテンのチャープランさん(22)の動画で、約21万回。タイ語、日本語、英語の3か国語で、

  「BNK48の名前をステージで呼ばれるために、全力で頑張りたいと思います!」

と意気込む内容だ。次に多かったのが16万回のBNK48・ミュージックさん(18)。全体で3番目、国内勢で最も多かったのがHKT48の宮脇咲良さん(20)で14万回。目の前の大型ファンから強風を受けながら、

  「今年、宮脇咲良には逆風が吹いています!この風に立ち向かい、1位をつかみたいです!」

と声を張り上げた。

 4~7位もジェニスさん(17、12万回)、サッチャンさん(14、9.8万回)、伊豆田莉奈さん(22、9.2万回)、カイムックさん(20、8.8万回)とBNKが続いた。伊豆田さんは17年の東京のAKB48からBNKに移籍した。9番目に多かった大久保美織さん(18、8万回)もBNKに所属。タイで行われたオーディションに合格した「現地採用」組だ。8位と10位は国内勢。ユーチューバーとして知られるNMB48の吉田朱里さん(21、8.2万回)と、NGT48の中井りかさん(20、6.8万回)だった

BNKはAKBの「会いたかった」(2008年)のカバー曲で17年7月にシングルデビュー、2枚目のシングルとして売り出した「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)のカバー曲では、日本と同様に踊りをマネしてユーチューブに公開する人が続出。BNKが公開している「恋チュン」のミュージックビデオは、公開から半年で再生回数が1億2000万を超えている。

 指原莉乃さん(25)がセンターの「本家」恋チュンの動画は1億4400万回以上再生され、最近のコメントはタイ語や英語が目立つ。これは、「ヘビーローテーション」(2010年、1億4200万回)を上回る回数だ。BNK人気が「恋チュン」の人気を再燃させたとも言えそうだ。

 こういったユーチューブ上の人気が、今回のアピール動画のBNK人気に反映された可能性もある。ただ、動画の再生回数が実際の投票行動に結びつくかは不明で、今回の動きが投票結果にどう影響するかは未知数だ。

 なお、再生回数が11、12番目に多かったのは、総選挙の投票券がつく楽曲「Teacher Teacher(5月30日発売)」でセンターポジションを務めるAKB48の小栗有以さん(16、6.5万回)と、総選挙で上位が確実視されているSKE48の松井珠理奈さん(21、6万回)だった。

 「選抜総選挙」は5月29日に投票が始まり、30日に中間発表にあたる「速報」が発表される。6月15日15時に締め切られ、16日に名古屋市内で行われるイベントで結果が発表される。
タグ:akb総選挙

共通テーマ:芸能

プチ圧力調理バッグ [生活]

食材をバッグに入れてチンするだけで1品できる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【3個まとめ買い】リード プチ圧力調理バッグ 電子レンジ用 ×3個
価格:1778円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)




共通テーマ:グルメ・料理

元ジャニーズ [芸能]

「ジャニーズ事務所」といえば、大勢のアイドルタレントを抱えていることで有名。TOKIOや嵐といった人気歌手・グループから、生田斗真(33)ら人気俳優が多くのファンの支持を受けている。日本を代表する芸能事務所だが、実は芸能界には“かつてジャニーズ事務所に所属していた”という意外な有名人とは

●本木雅弘

2017年9月に事務所を退所した元SMAP・草なぎ剛(43)が、3月からスタートした「伊右衛門」シリーズのCMに登場して話題に。その際ネット上で「感慨深い」「元ジャニーズ同士の共演か」と注目を浴びたのが俳優・本木雅弘(52)だ。映画「おくりびと」「永い言い訳」など高い演技力を評価されている本木だが、かつてはジャニーズ事務所所属の「シブがき隊」のメンバー。近年は演技派俳優としてのイメージが強いため、改めて“元ジャニーズ”という本木の肩書が強調されることになった。

そこで今回は本木のように、“元ジャニーズタレント”という事実を感じさせない芸能人を紹介していこう!

●反町隆史

まずは俳優の反町隆史(44)から。本木と同じように俳優として数々の映画・ドラマで活躍している反町だが、中学3年生の時にジャニーズ事務所に所属。「平家派」の一員として光GENJIのバックダンサーを務めたこともあった。

反町は事務所退所後の90年代に、『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)や人気マンガを実写化した『GTO』(同)で人気が爆発。2015年には人気シリーズ『相棒 season14』(テレビ朝日系)で水谷豊(65)の“相棒”に選ばれ、17~18年にかけて放送された新シリーズでも継続してレギュラーを務めた。現在も『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に出演するなど俳優として人気は高く、ネット上には「退所してから俳優として花開いたよね」「ジャニーズに残ってたらどうなってたのかな」といった声が。

●川崎麻世

続いては、タレントのカイヤ(55)との結婚生活が何かと取り沙汰されがちな川崎麻世(55)。ジャニー喜多川(86)社長にスカウトされてデビューを飾った川崎は、1989年に事務所を退所した。

川崎は2017年6月に、元SMAPの稲垣吾郎(44)・草なぎ・香取慎吾(41)が同年9月に退所すると報じられたことを受けてブログを更新。喜多川社長がコメントを発表したことに触れながら、「(喜多川社長に)大切にされてたと感じるしSMAPもジャニーズに貢献したと思う」と語ったほか、自身の過去を振り返り「大好きな事務所を退社する時はこれまでの人生で最大の決断をしたつもりだった」と綴っている。

●郷ひろみ

最後は、1972年に俳優として芸能界デビューを果たした郷ひろみ(62)。映画オーディション参加の際に喜多川社長からスカウトされた郷は、デビューした72年にシングル『男の子女の子』で歌手デビューも果たすなど、当時から精力的に芸能活動を行っていた。

75年までジャニーズ事務所に在籍していた郷は、芸能事務所「バーニングプロダクション」に移籍。以降も『お嫁サンバ』『言えないよ』『GOLDFINGER'99』など数々のヒット曲を送り出し、日本を代表するポップスシンガーに。ジャニーズ所属期間は短く40年以上も前の話とあって若い世代には“元ジャニーズ”というイメージが薄く、今もネット上には「元ジャニーズだったなんて知らなかった!」「郷さんジャニタレだったんだ… ジェネレーションショック…」といった声が。驚きが大きいほど、現在の活躍が目覚ましいという証明なのだろう。

共通テーマ:芸能
前の3件 | -
SEO対策テンプレート