So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行なら楽天トラベル

ビブリア古書堂の事件手帖 [日記]

三上延による人気ミステリー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズが、実写およびアニメ映画化されることが明らかになったそうです

 シリーズ累計発行部数は640万部を突破する同作。鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」のうら若き美貌の店主・篠川栞子(しのかわ・しおりこ)と、本が読めない無骨な青年・五浦大輔(ごうら・だいすけ)が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていく

25日には、前作から2年ぶりとなるシリーズ完結第7巻「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」が発売。「2012年本屋大賞」や「第65回日本推理作家協会賞短編部門」などにノミネートされ、本の雑誌が選ぶ「この40年間のベスト400冊」の第1位に選ばれるなど評価も高い同作。これまでにもテレビドラマ化、コミカライズなどのメディアミックス展開が話題となったよう

 実写&アニメ映画の情報は公式サイトなどで順次発表される予定。また、三上による番外編の執筆も決定しているそうです

楽しみですね
SEO対策テンプレート