So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ドリカム中村 [芸能]

「DREAMS COME TRUE」のリーダーでベースの中村正人(59)が19日、自身のブログを更新。ボーカルの吉田美和(52)がインフルエンザにり患し、広島公演が中止になったこと受けて行った公演会場での「ご挨拶」について言及。一部ファンから不満の声が上がったことについて「全ては私の至らなさであります。心からお詫び申し上げます」と謝罪したそうです

 吉田のインフルエンザり患で、ドリカムは17、18日の広島公演の中止を発表。これに合わせ、公式サイトで、公演予定だった両日に中村が公演会場を訪問し「お詫びの気持ちを携えて」「不肖私、中村がご挨拶させて頂けたらと存じます」と発表していた。

 中村は両日、握手や記念撮影に応じるなどファンと触れ合ったが、予想を上回る人数が訪れたため、会場使用時間の都合で待機列を締め切るなどして対応。その際のスタッフの態度を巡って一部の訪問者から不満の声が上がっていた。

 これを受けて18日に公式サイトで経緯を説明。「精一杯運営させていただきましたが、2日間でスタッフの予想を遥かに超える3000名以上のお客様にお集まりいただき、ご挨拶の受付を途中で締め切ることになってしまいましたこと、大変心苦しく思っております」。続けて「また運営スタッフの対応が十分に行き届かず、不快な思いをされてしまった一部のお客様に対してこの場を借りてお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を記した。

 中村も19日に自身のブログを更新。「広島でのご挨拶について」とのエントリーで、「ご挨拶というものはその方法やあり方に不満を持たれるかたがお一人でもいれば何の意味もありません。それが多くの方となれば論外であります」と切り出し、苦しい胸の内を吐露した。

 準備をする期間がなかったにもかかわらず、実施に踏み切った自身が「すべての原因」だとし「公演中止でさえ膨大な作業に追われ、夜を徹して作業してくれたスタッフには責任はございません」。そのうえで「全ては私の至らなさであります。あらためて心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と責任を一身に背負った。

 中村の厚意から開催に至った「ご挨拶」。ネット上では「マサさんの気遣いに感謝しかない」「マサさんが謝ることではない」「優しさをありがとうございました」など、中村への感謝の言葉も多く見られた。

共通テーマ:音楽

狩野英孝 タトゥー [芸能]

タレントの狩野英孝(35)が15日、自身のブログを更新し、「タトゥー入れちゃいました」と告白したそうです

 狩野は「タトゥー」のタイトルで記事をアップ。「タトゥー入れちゃいました。龍、ヘビ、鯉、トラ なんのタトゥーいれようか悩んだ結果、QRコードにしました」とつづり、腕に入ったタトゥーらしき写真もアップした。

 ネット上では「これほんとのタトゥーですか?!」「QRコードなのが英孝さんらしくていいですね」「読み取れたらもっと面白いですね」など驚きの声が上がっている。

共通テーマ:芸能

坂本一生 [芸能]

真新しい機器でハードなトレーニングを重ねる身長179センチ、90キロの大男。黒いタンクトップからのぞく自慢の筋肉をアピールするのは坂本一生(46)だったようです

 その名に聞き覚えはあるだろうか。1993年のこと、「新加勢大周」の芸名でデビュー会見を行ったあの青年だ。俳優の加勢大周とその名付け親が社長を務めていた所属事務所が、芸名の所有権を巡って法廷闘争となり、紆余曲折あって「新加勢」が坂本と改名してデビューとなった。

 インパクトは絶大で当初は次々と仕事が舞い込んだが長くは続かず、坂本は次第に芸能界から距離を置き、転職を繰り返すことに…。プロレスラー転向に始まり、トラック運転手、とび職、便利屋などその数12回。「仕事に就く度にだまされたり、ケガをしたりと、不器用というか、バカでドジ、不注意なんです」と振り返った。

 そして今度は昨年11月、千葉の八千代台駅前に「坂本一生SISパーソナルトレーニングジム」をオープンした。坂本自身がダイエットや健康維持、筋肉増強など希望に添って個人レッスンを行う。

 豪州に留学していた学生時代から始めた筋トレ。「無職になって自動車の中で生活したこともありましたが、その時も筋トレをしていました。もう、28年続けています」という。

 そうした経験を生かしてのジムオープンだったが「経営は難しくて…。料金やプランを見直したり、チラシを作ったり、やることも多くて」と頭をかいた。それでも「地元八千代のみなさんの健康な体つくりのお手伝いをして、恩返しになれば」と目を輝かせた。

 転職を繰り返してきた坂本だが、これが本当の“天職”となるだろうか

 ◆坂本一生(さかもと・いっせい)千葉県出身、46歳。高校卒業後、2年間留学していた豪州から帰国した1992年、成田空港でスカウトされ、芸能界入り。旧芸名は「新加勢大周」(しんかせたいしゅう)、坂本一世、大旗一生への改名も。「SISパーソナルジム」(千葉県八千代市八千代台北1-10-1-桑原第2ビル201)への入会希望は電話047・481・6600まで。
タグ:坂本一生

共通テーマ:芸能

カズレーザー [芸能]

2016年、大ブレイクした芸人の筆頭といえばメイプル超合金のカズレーザーだろう。

金髪に全身赤い服というひと目見ただけで覚えてしまう風貌だったり、バイセクシャルを公言していたりと、強烈なキャラが渋滞しているだけに、いわゆる“一発屋”枠のキャラ芸人だと思われがちだった。だが、『Qさま』などのクイズ番組で好成績を繰り返したり、共演者に「その落ち着きは何なの、2世タレント?」と驚かれるほどの物怖じのなさで様々なバラエティ番組で活躍、『お願いランキング』内の人気コーナー「カズレーザークリニック」でも“名言”を連発。溢れ出る知性で、一発屋的キャラのイメージを完全に払拭した。

カズレーザーの肯定感に満ちた言葉がいま注目を浴びている。そんな彼の発言を振り返ってみたい。

▼生き方
15歳の頃から赤い服ばかり着る(喪中や妹と会うとき以外)ようになり、モンティ・パイソンに強く影響を受けたカズレーザーは、「とにかく働きたくなかった」ためお笑い芸人になったという。

そんな彼は「芸人としてやっていくと決めた瞬間」を問われこう答えている。

「ない、ない、ない。成り行き、成り行き。人間成り行きでしょ、みんな、人生なんて。みんな後から成り行きに理由をつけているだけでよく考えたら成り行きで動いてるからね。自分の意志ひとつで変わるもんじゃないでしょ」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月23日
テレビに出始めたときから、並みいる先輩芸人を前にしても物怖じせず、緊張しているように見えなかったカズレーザー。「緊張してもしなくても結果同じじゃないですか。じゃ、しない方がいいんじゃねえかな」(『芸人報道』2015年12月28日)と当たり前のように語り、共演者についても「肩書さえ気にしなければただの人間ですからね」と言う。

「僕はプライドはないと思う。人類の後輩でいたい」

出典:「カズレーザークリニック」2016年6月28日
彼は常に自分を下に置くことで、学生から大御所までどんな肩書きの相手だろうと緊張せずに対面できるのだ。あまりにも不自然なキャラクターなのに、どこまでも自然体。言うなれば“超自然体”だ。

「自信が持てない」という悩みを抱えた人に対しては、「じゅうぶん人間として魅力的に見えてるから、たぶん自分に見合った自信を持っているはず」と諭した上で、このように語る。

「自分のキャパ以上に自信を持ってる人って歩いてても幅とるじゃん。何するにも。『自信がある』って周りにバレてる時点で過信だもんね」

出典:「カズレーザークリニック」2016年12月8日
カズレーザーのモットーは「日々現状維持」だという。「現状維持さえしてれば死なないんだから。進歩しようなんて欲張り」と。

「常に将来のことを思い悩む」「人生経験ないくせに悩んでしまい、自分の中でのギャップで苦しい」と不幸になることを予測し悩む学生にはこう答える。

「人間、どうせ幸せになるのよ。ハッピーエンドに決まってるのになんでそんなバッドエンドにしたがるの?  理由を見つけて自分が不幸だと思おうとしてるだけで、思わなきゃずっと幸せだからね。幸せの前提があるから不幸を見つけるのができるんであって、見つけなきゃいい。目をそらす努力!」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月16日
▼恋愛と性
「20歳の時に男友達から求められて受け入れた」ことがきっかけでバイセクシャルになったというカズレーザー。

「みんなバイセクシャルでしょ。人類はバイセクシャル。(女性が好きな男性も)まだイケる男性に出会ってないだけで」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月30日
「普通のバイセクシュアルです。ゆがんでる人もいるじゃないですか。僕はまっすぐ! ただ、2車線あるだけ、それ以上でも以下でもない」

出典:「オリコンスタイル」2016年1月13日 
アイドルは好きだが、「恋」をする感覚が分からないという学生に対してはこのように答えている。

「恋が分からないはずはない。人を好きになるのは腹が減るのと同じだもん。でも腹の減り具合は人によって違うけどね。

その人のことを想い浮かべてポジティブな気持ちになるならそれはもう恋。

小説とかドラマで恋愛があまりに価値があるものに描かれすぎてるから恋愛しなきゃいけないと思いがちだけど、周りからしたらどうでもいい無価値なもの」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月23日
また「性欲が強い人の気持ちがわからない」という相手には、バイセクシャルだから「男性と長くおつきあいとかするんですけど、全く無いまま、2年3年付き合ったりもする」と経験談をまじえながらこう語る。

「恋愛のゴールをSEXにみんなが固定概念で持ってるだけ」

出典:『メイプルマナミの極めびと人生相談』2016年12月27日
そう言いつつも、性の悦び自体も決して否定したりはしない。

「ただ言えるのは恋とか愛のあるHはすっげえ気持ちいい!」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月23日
▼人間関係
これまで見てきた発言でわかるようにカズレーザーは「当たり前」とされている言葉や価値観を、「当たり前」とせず視点や定義を変えることで、その多様性を肯定している。

それがもっとも分かる名言が、「女子力がない」と悩む女子大生に返した言葉だ。

「料理ができる女子は、『女子力高い』じゃなくて『料理ができる子』ってカテゴライズされる。取り分けできる子は『気が利く子』。『女子力が高い』なんて女性はもともといないの。ウソの概念」

出典:「カズレーザークリニック」2016年6月7日
通常、悪いとされる「媚びを売る」という行為も、カズレーザーは「面と向かって媚び売る人が無敵」と肯定する。

「売れる媚びはいっぱい売ったほうがいいよ。媚びって常に需要があるから」

出典:「カズレーザークリニック」2016年8月16日
“嘘の自分”を演じてしまうと悩む学生にはこう答える。

「バカを演じる素養があるんじゃない? そのまま演じ続けてたら苦痛じゃなくなるかもしれないよ。ムードを作る力があるわけたから。本当の自分出されても苦痛だからね。永遠にバカ演じた方がいい」

出典:「カズレーザークリニック」2016年12月1日
カズレーザーはどんな悩みを持っている人に対して、決してその人自身を否定することはしない。

彼は相手の悩みに対して、まず先に自分の周りにある具体例を自虐を交えて語って相手に寄り添い、視点を変える。その上で、相手が抱いている「悩み」自体が、実は思い込みで実態のないものではないかと論理的にその前提を問い直す。

そもそも「女子力」なんてものはあるのか、「嘘の自分を演じる」ことが悪いことなのか、と。

そうして、だったらあなたはそのままでいいのだと結論を下すのだ。

ただ単に「そのままでいい」「大丈夫」と言うのは簡単だ。けれどカズレーザーは自虐でしっかり相手の心を解きほぐし、論理で悩み自体を無効化する。そして最後に相手を肯定するから圧倒的な説得力がある。

一方で、常にどこか他人事で一定の距離があり、親身になりすぎない自然体の適当さも心地いい。

本当の意味で「頭がいい」というのはこういうことを言うのだろう。

「完璧主義過ぎて人に弱みを見せられない」という悩みには、そもそも「弱み」を見せることを是とする昨今の風潮を否定する。

「弱みを見せることでイニシアティブを取ろうとしているとも言えるからね。弱みを見せるって卑怯なやり方だよね。長所をアピールして短所は隠すっていう方が本来はいいわけだから」

出典:「カズレーザークリニック」2016年9月29日
大学で友達ができないという悩みには、「友達ってできるもんじゃなくて気づいたらなってるもの」と言う。

「いま大学に友達ができていないのはたぶんそのコミニティの中にはあなたが必要としている人はいないと思うんですよ。そこで探さなくていいんじゃない?」

出典:「カズレーザークリニック」2016年10月13日
▼現代の呪い
「なんかの間違いだと思いますよ。別に需要があって出てるわけじゃない。世間がたぶん疲れすぎて、ちょうどお笑い界にニッチな隙間ができてるのよ。そこにたまたま俺ら入れたのよ。こんな体格でかいのに隙間産業に入れたのよ」

出典:『メイプル超合金のANNR』2016年3月12日
そんな風に謙遜気味に自己分析するカズレーザーだが、『ロンドンハーツ』「芸人リスペクト番付」などで共演者たちが、自分はどんな風に評されるんだろうと怖がりつつも知りたいと、前のめりに聞きに行く感じは、有吉弘行の再ブレイク前夜、みんなが有吉にあだ名を付けてもらおうとするときの雰囲気と重なって見えた。

有吉が再ブレイクした2007年は、「毒」を前面に出した批評がウケたが、現在は奥底に毒を仕込みながらも、前面には「肯定感」が溢れたカズレーザーの批評がウケているのもいまの時代を象徴しているのではないだろうか。

社会が提示する「当たり前」という価値観は、現代の“呪い”だといえる。

いまはそれが、強烈な同調圧力を生み、窮屈な空気になっていることが少なくない。

そんな生きづらい時代に、多様性を肯定するカズレーザーの言葉はそんな“呪い”を解く力を持っている。

ところで、自分の言葉が、このように「名言」としてありがたがられる風潮について、カズレーザーはこのように言い放っている。

「芸人一人の言葉が名言みたいになる今の風潮がおかしいッスよね」

共通テーマ:お笑い

木下優樹菜 藤本敏史 [芸能]

モデルの木下優樹菜さんが2月9日、幼稚園時代の美少女ショットをInstagramで公開。夫でお笑い芸人の藤原敏史さんの幼少期写真もアップしており、“インスタ映え”&“インスタ萎え”とでも言うべき2人のギャップが話題となっているようです

 「週一でお茶をたてる時間があったり… すごく楽しい幼稚園だったな~」と当時を懐かしむコメントを添えて、くりっとした瞳が愛らしい幼少期の姿を公開した木下さん。出身園だという東京都「遍照院幼稚園」の制服姿で優しくほほ笑えんでおり、「マイブームだったらしく この頃の写真ほぼ片手添え」と今では定番となっている“虫歯ポーズ”を先取りしたようなポージングも見せています。かっわええ……。

 続けて木下さんは、「としふみものせとくね!」とひょうきんな笑顔で野球の素振りをしている“チビフジモン”の写真をアップ。面影しか残っていない顔立ちと、お手本のようなクソガキ感(褒め言葉)がたまらない1枚となっており、木下さんも「もうフジモンじゃん」「インスタ萎え」と変わらなすぎる夫に軽くツッコミを入れていました。

 木下さんの幼少期ショットには、「すでにカワイイ」「可愛すぎて泣けてきます」「同じ幼稚園にいたら好きになってたな」などその美少女っぷりに称賛のコメントが続々。対して“チビフジモン”には、「この顔…フジモン以外の誰でもない」「いや、本当にもうフジモンだ」「やばい笑った」「爆笑! 萎え増し!」など笑いを我慢できないファンが続出したようでした。元気がない時に見たらよさそう
タグ:木下優樹菜

共通テーマ:芸能

山下智久 Niki [芸能]

山下智久(32才)が、美女とのハワイ旅行をキャッチされた。お相手は、交際が伝えられていた石原さとみ(31才)ではなく、人気モデルのNiki(21才)だったそう

2月8日発売の女性セブンが報じているようです

 山下と石原は2015年10~12月の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)の共演をきっかけに交際をはじめ、一時は結婚秒読みと言われたはずだったが…。

 ハワイ旅行のお相手Nikiは、若い世代にカリスマ的人気を誇るモデルで、アメリカ人の父と日本人の母をもつハーフ。今は女優、モデルの仕事のかたわら、有名女子大学の学生でもある。2016年、恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE』(通称・テラハ)へ出演したことで一躍、注目を集めた。

 同誌によれば、山下とNikiは友人の紹介で知り合って間もないがすぐに意気投合したそうで、山下のほうがNikiに興味津々なのだという。2人は1 月下旬、1週間ほどハワイ旅行を楽しんだ。人目を気にしながらも、Nikiのハワイ在住の友人たちと食事をしたり、話題のバーをはしごするなどして過ごしたという。

 同誌は楽しそうに微笑む2人のハワイでのツーショット写真も掲載している。Nikiの所属事務所は同誌の取材に「プライベートのことは本人にまかせておりますが、仲の良い友人の1 人と聞いています」と回答した。

 同誌は、山下と石原がすでに破局しているという知人の証言も紹介しているが、果たして どうなんでしょう
タグ:山下智久 NIKI

共通テーマ:芸能

レディー・ガガ [芸能]

米歌手レディー・ガガ(31)が3日、自身のツイッターを更新。体調不良のため、今月4日から23日まで予定されていたワールドツアーの残り欧州10公演を中止すると発表したそうです

 「激痛に苦しんでいる。辛抱強く待ってくれていた欧州のファンを思うと、(ツアー中止は)非常に残念で悲しい」などと明かした。ガガは1月28日のグラミー賞の授賞式に出席、パフォーマンスを披露したが、その後にまた症状が悪化した模様。ツイッターによれば、ガガは前夜に医療チームの治療を受けながら、公演中止を決断したという。

 ガガは昨年9月、全身の筋肉に痛みやこわばりが出る「線維筋痛症」を患っていることを公表。治療に専念するため、9~10月の欧州ツアーを延期していた

共通テーマ:音楽

橋本マナミ 婚活中 [芸能]

女優でタレントの橋本マナミ(33)が30日、都内で行われた建設業界の求人情報サイト『俺の夢』イメージキャラクター就任イベントに出席。ウェブCMに“俺の嫁”として出演し、エプロン姿を披露した橋本は「今は婚活中」だといい「最近は、理想の夫婦生活の妄想ばかりしています」と笑顔で話したそうです

 続けて「婚活で男性とお食事に行ったりしてます。芸能の方はダメ、一般の方が好き」と告白。「そろそろいい歳なので…。理想ばっかり膨らんでます」と素直に語ると「スーツ萌えするので、ネクタイを締めてあげたい。耳かきもしてあげたいし、定番なシチュエーションをしてみたい」と願望を膨らませた。

 しかし企画された「男心チェック」では、1問しか正解を得られず「全然、男心をわかってなかった」と苦笑い。「最近の私は愛人に寄せすぎてる。やっぱり普通の人がいいんですね、愛人の目線になってる」と、自身のキャラ路線を反省していた。

 囲み取材では、大勢の報道陣を前に「今年の12月か来年の1月までに…。三十代半ばになるので目標を立てないとズルズルいっちゃう。1年以内に結婚したい」と宣言していた。
タグ:橋本マナミ

共通テーマ:芸能

安田美沙子 [芸能]

1月25日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にゲスト出演した安田美沙子が、2017年に第1子を出産した際のVTRを公開。ネットユーザーの間では賛否両論が飛び交ったほか、「その前にやることあるだろ」などと呆れられていたそうです

「安田は14年にデザイナー・下鳥直之氏と結婚し、昨年5月に長男を出産。その際、無痛分娩を選択したといい、我が子誕生の瞬間を収めた動画を公開しました」(芸能ライター)

ネット上には、無痛分娩に関心を持つ視聴者の書き込みも散見されたが、「プライベートな出産を、テレビで公開するのはやめてほしい」「安田の出産シーンなんて、誰が見たいんだろう?」といった批判も。

「また、安田は無痛分娩を経験して『全然(痛みを)感じなかった』『余裕あった』などと語っていましたが、これに関しても『個人差があるから、そうやって断言するのは控えた方がいいのでは?』と、懸念する声が寄せられていました」(同)

一方、番組後半には、安田の自室を撮影した映像も公開されたが、室内は洋服などがあふれ返っていた。

「安田といえば、以前から“片づけられない女”として有名で、13年に出演した『解決!ナイナイアンサー 2時間スペシャル』(日本テレビ系)では『掃除機をかける頻度は4カ月に1回』などと言っていました。友人の優木まおみが、安田の家でカビの生えた食器を見た、と証言していたほどです」(同)

今回の映像では、台所の様子までは確認できなかったものの、ネット上には「子どもが産まれたのに不衛生。さすがに片付けろよ」と、批判が噴出。

「ネットユーザーからは『ママタレ狙いじゃないの? 恥ずかしげもなく汚部屋を見せつけるのは何のため?』といった指摘もあれば、『母親じゃなくても恥ずかしいけどね。こんなの平気で世間に晒せるなんてどうかしてる』との苦言もあり、番組MCのダウンタウン・松本人志さえも『「ダウンタウンDX」とか出てる場合じゃない』と、呆れていました」(同)
タグ:安田美沙子

共通テーマ:芸能

香取慎吾 深田恭子 [芸能]

タレントの香取慎吾さんが1月26日、女優の深田恭子さんとの絵になりすぎた2ショット写真をInstagramで公開したそうです

 色違いのパジャマにおそろいのルームウェアを羽織り、マグカップを手に優しい笑顔で見つめ合う2人。非の打ち所がない美男美女の新婚風ショットとなっており、詳しい情報は明かされていませんが、CMや雑誌など何かしらの撮影で共演した際のオフショットのようです。完璧すぎる……!

 コメント欄では、「ジェラートピケ着てるね! CM?」「ジェラピケ?」「よくみたらジェラートピケの店内だね」などルームウェアブランド「ジェラートピケ」関連の撮影だと推測する声も。2人は香取さんの主演映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」(2011年)で主人公とヒロインとして共演していましたが、今回は夫婦役だったりするのでしょうか。

 ファンからは、「凄くステキなカップル」「こんなツーショットが見られるなんてっ!」「ニヤニヤが止まらない」「そのまま一緒に暮らして下さい!」など豪華な2ショットに歓喜の声が多く上がり、「なにこのラブラブ感 う、羨ましい…」「深キョンを自分に置き換える妄想をしてみる!」「深キョンの可愛さがまた心をザワつかせますね」など嫉妬心に火がついた人も多かったようです。

共通テーマ:芸能
SEO対策テンプレート