So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

グイグイ大脇 [芸能]

路上で女性の体を触ったとして、大阪府警は4日、お笑いタレント、大脇拓平容疑者(38)=大阪府茨木市=を強制わいせつの疑いで逮捕したようです

大脇容疑者は吉本興業に所属し、「グイグイ大脇」の芸名で活動している。

 逮捕容疑は今年4月19日午後、茨木市内の路上やエレベーターで10代後半の女性の体を触るなどした、としている。

 府警によると、防犯カメラの映像などから大脇容疑者の関与が浮上。「服の上から下半身を触った」と容疑を認めているという

ソープランドピンク [芸能]

5月30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて、「バイク芸人」企画が実施されましたね

オートバイをこよなく愛する千原ジュニア、徳井義実&福田充徳(ともにチュートリアル)、井戸田潤(スピードワゴン)に加え、新メンバーとしてヒロミ、小峠英二(バイきんぐ)、村田秀亮(とろサーモン)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)の計8名が、あふれるバイク愛を熱弁。

スタジオゲストには、「バイクの免許を取りたい」と意気込むモデルのemmaが参加した。

かつて井戸田が同企画に出演した際、彼の愛車であるビビッドなピンク色にペイントされたハーレーダビッドソン・FXDLローライダーが「カイヤさんモデル?」などと揶揄された。

これをきっかけに、街中やネット上では悪い意味で注目の的になってしまったという。


バイクの写真撮るのはいいけど

俺が戻ってきたらヤベ戻ってきやがった顔してニヤニヤコソコソは流石に腹立つ 一言写真いいですか言えないかね

この日も同じバイクで現れた井戸田に対し、ヒロミが「ペイントするとき、どういう色をオーダーしたの? ソープランドの椅子みたいな色だけど」と疑問を投げかける。すると、すかさず徳井が「『ソープランドピンク』やろ?」と指摘した。

井戸田は慌てて「どこのどいつが『ソープランドピンクでお願いします』なんて言うんだよ! そんな色ないから!」と反論。「とんでもないキャラが付きだした……ヤバい!」と焦りを見せ始める。

しかし周囲の悪ノリは止まらず、「これ乗ってソープランド行きましょうよ」「割引してくれるで」と追い打ちをかけ続けた。

「ソープランドピンク」というワードの強烈さに、視聴者はこぞって過剰な反応を見せた。一時はYahoo!のリアルタイム検索トレンド1位に上り詰めるなど、異様な盛り上がりに。

ソープランドピンクってすごいパワーワードやな笑

ソープランドピンクとかいうワードしばらく忘れられないかも

ソープランドピンク流行りそうだなー

俺のマジェも
ソープランドピンクにしよかな笑

パーソナルカラーが「ソープランドピンク」なアイドルさん居たら推そう

本企画に初登場となったヒロミが局へ乗りつけてきたのは、ホンダ・CB750FOUR。エンジンすらかからない状態で購入したものをいったんバラし、自らの手で組み直したと言う。「実写版デアゴスティーニを自分でやってるわけです」と高らかに告げた。

厳密に言えば、実写版も何もデアゴスティーニ・ジャパン社が刊行する組み立て系シリーズはそもそも全て実写版なのだが、「実写版デアゴスティーニ」という表現が秀逸なため、ここでは不問とする。

さらに、福田による愛車の壊れやすさに対する「そんなトラブルもかわいい」という発言に対しては、「故障しないバイクなんてバイクじゃないよな」という名フレーズを投下してみせた。

ほかにも「どんなに貧乏になってもバイクは最後まで売らない」と固い決意を語り、「日常的にも嫁を後ろに乗せてラーメン屋へ行ったりする」などほほ笑ましいエピソードも披露。並々ならぬバイク愛を存分に見せつけた。

坂上忍 [芸能]

俳優の坂上忍(50)が、25日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55~22:52)で、某有名映画監督への不満を漏らしたそうです

この日、ゲスト出演した女優・中嶋朋子(46)について友人から「某監督の映画撮影で『“うん”という一言だけのセリフなのに何十回もやらされた』と怒っていた」という証言が寄せられた。

中嶋いわくこれは多少オーバーな表現で実際には怒っていなかったようだが、坂上は「僕はこれを読んだ時にどの監督かすぐ分かりました」と語り、見事に言い当てた。名前はピー音で伏せられ、テロップでは「(某有名監督)しかいない」となっていた。

坂上は「二度と出ねえ。あんなヤツの映画」と不満たらたら。温度差のある中嶋にとって坂上の過激発言は望んでいた流れではなかったようで、笑いながら「一緒に映さないで!」「そんなつもりで書いてない!」などと訴え、その後も坂上の発言を必死に制止していた。

そんな中嶋を気にも留めず、坂上はその監督への遺恨を口にする。お笑いコンビ・浜田雅功(55)に「うん」の一言セリフを演じさせ、その監督になりきって「違う。もう1回」「浜田くん、全然違う。考えよう」など、ダメ出しの理由を伝えずにリテイクを繰り返す演出を再現し、その場を盛り上げていた。
タグ:坂上忍

平祐奈 平愛梨 [芸能]

女優の平祐奈さんが5月22日、出産後に初の帰国を果たした姉の平愛梨さんとの2ショットをブログで公開したそうです

 普段のかわいらしいメークとは少し雰囲気の違った、大人っぽい“トルコ風メイク”を施した愛梨さん。祐奈さんは、そんな愛梨さんにべったりとくっついており「愛ちゃーーん!! おかえり」「すぐに会いに行っちゃった」と大喜びな様子。「すっかりママですわね」と、出産から約3週間後にイタリアに足を運んだときと比べて、より母親らしさを感じたようでした。

 母の日には、夫の長友佑都さんからフラワーボックスを贈られ、母になったことを強く自覚していた愛梨さん。第1子である“バンビーノ”にとってどんな母であるのか、直すべきところはあるのかということを必ず再確認していこうと誓っていました。既に母が板についてる!

 今回の帰国について、長友さんもInstagramを更新。「ずっと恋しかった」という焼肉屋で長男を抱っこし、愛梨さんと寄り添った幸せそうな3ショットを公開しています。長友さんはインテルから期限付きで移籍してたガラタサライで、19日に自身初のリーグ優勝を経験。ブログではチームメイトと優勝トロフィーを囲んだ集合写真を公開し「ガラタサライに来る決断は正解ではなく、大正解だった」「サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた」と興奮した様子で喜びをつづっていました。

 母親らしくなった愛梨さんとの再会2ショットにファンからは「2ショットを久しぶりに見て癒されてる…」「美女美女で目の保養」などの喜びの声が上がった他、これまで愛梨さんが「愛梨のトルコ日記」のハッシュタグを付けて、現地での生活を写真とともに報告していたことから、「今日から愛梨の日本日記になるね」といったコメントも寄せられていました。

AKB総選挙 [芸能]

恒例のAKB48グループの選抜総選挙(2018年6月16日開票)の投票開始まで10日を切る中、海外勢が躍進する可能性が出てきた。18年は10回目の開催で「世界選抜総選挙」をうたって台湾・台北の「TPE48」やタイ・バンコク「BNK48」の姉妹グループメンバーが参加するようです

 5月19日に立候補メンバーによる「政見放送」にあたるアピール動画がユーチューブに公開されたのだが、どういうわけか、再生回数上位10人中7人をBNK48のメンバーが占めている。

 アピール動画は立候補した339人が1~2分間で総選挙への意気込みを語る内容。5月19日午後に動画配信サービス「SHOWROOM」で公開され、同日20時にはユーチューブでも掲載が始まった。それからおよそ1日半が経過した21日正午時点で、多く再生されたメンバーの多くが、10人しか立候補していないBNKのメンバーなのだ。

 最も再生回数が多かったのは、BNKキャプテンのチャープランさん(22)の動画で、約21万回。タイ語、日本語、英語の3か国語で、

  「BNK48の名前をステージで呼ばれるために、全力で頑張りたいと思います!」

と意気込む内容だ。次に多かったのが16万回のBNK48・ミュージックさん(18)。全体で3番目、国内勢で最も多かったのがHKT48の宮脇咲良さん(20)で14万回。目の前の大型ファンから強風を受けながら、

  「今年、宮脇咲良には逆風が吹いています!この風に立ち向かい、1位をつかみたいです!」

と声を張り上げた。

 4~7位もジェニスさん(17、12万回)、サッチャンさん(14、9.8万回)、伊豆田莉奈さん(22、9.2万回)、カイムックさん(20、8.8万回)とBNKが続いた。伊豆田さんは17年の東京のAKB48からBNKに移籍した。9番目に多かった大久保美織さん(18、8万回)もBNKに所属。タイで行われたオーディションに合格した「現地採用」組だ。8位と10位は国内勢。ユーチューバーとして知られるNMB48の吉田朱里さん(21、8.2万回)と、NGT48の中井りかさん(20、6.8万回)だった

BNKはAKBの「会いたかった」(2008年)のカバー曲で17年7月にシングルデビュー、2枚目のシングルとして売り出した「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)のカバー曲では、日本と同様に踊りをマネしてユーチューブに公開する人が続出。BNKが公開している「恋チュン」のミュージックビデオは、公開から半年で再生回数が1億2000万を超えている。

 指原莉乃さん(25)がセンターの「本家」恋チュンの動画は1億4400万回以上再生され、最近のコメントはタイ語や英語が目立つ。これは、「ヘビーローテーション」(2010年、1億4200万回)を上回る回数だ。BNK人気が「恋チュン」の人気を再燃させたとも言えそうだ。

 こういったユーチューブ上の人気が、今回のアピール動画のBNK人気に反映された可能性もある。ただ、動画の再生回数が実際の投票行動に結びつくかは不明で、今回の動きが投票結果にどう影響するかは未知数だ。

 なお、再生回数が11、12番目に多かったのは、総選挙の投票券がつく楽曲「Teacher Teacher(5月30日発売)」でセンターポジションを務めるAKB48の小栗有以さん(16、6.5万回)と、総選挙で上位が確実視されているSKE48の松井珠理奈さん(21、6万回)だった。

 「選抜総選挙」は5月29日に投票が始まり、30日に中間発表にあたる「速報」が発表される。6月15日15時に締め切られ、16日に名古屋市内で行われるイベントで結果が発表される。
タグ:akb総選挙

元ジャニーズ [芸能]

「ジャニーズ事務所」といえば、大勢のアイドルタレントを抱えていることで有名。TOKIOや嵐といった人気歌手・グループから、生田斗真(33)ら人気俳優が多くのファンの支持を受けている。日本を代表する芸能事務所だが、実は芸能界には“かつてジャニーズ事務所に所属していた”という意外な有名人とは

●本木雅弘

2017年9月に事務所を退所した元SMAP・草なぎ剛(43)が、3月からスタートした「伊右衛門」シリーズのCMに登場して話題に。その際ネット上で「感慨深い」「元ジャニーズ同士の共演か」と注目を浴びたのが俳優・本木雅弘(52)だ。映画「おくりびと」「永い言い訳」など高い演技力を評価されている本木だが、かつてはジャニーズ事務所所属の「シブがき隊」のメンバー。近年は演技派俳優としてのイメージが強いため、改めて“元ジャニーズ”という本木の肩書が強調されることになった。

そこで今回は本木のように、“元ジャニーズタレント”という事実を感じさせない芸能人を紹介していこう!

●反町隆史

まずは俳優の反町隆史(44)から。本木と同じように俳優として数々の映画・ドラマで活躍している反町だが、中学3年生の時にジャニーズ事務所に所属。「平家派」の一員として光GENJIのバックダンサーを務めたこともあった。

反町は事務所退所後の90年代に、『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)や人気マンガを実写化した『GTO』(同)で人気が爆発。2015年には人気シリーズ『相棒 season14』(テレビ朝日系)で水谷豊(65)の“相棒”に選ばれ、17~18年にかけて放送された新シリーズでも継続してレギュラーを務めた。現在も『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に出演するなど俳優として人気は高く、ネット上には「退所してから俳優として花開いたよね」「ジャニーズに残ってたらどうなってたのかな」といった声が。

●川崎麻世

続いては、タレントのカイヤ(55)との結婚生活が何かと取り沙汰されがちな川崎麻世(55)。ジャニー喜多川(86)社長にスカウトされてデビューを飾った川崎は、1989年に事務所を退所した。

川崎は2017年6月に、元SMAPの稲垣吾郎(44)・草なぎ・香取慎吾(41)が同年9月に退所すると報じられたことを受けてブログを更新。喜多川社長がコメントを発表したことに触れながら、「(喜多川社長に)大切にされてたと感じるしSMAPもジャニーズに貢献したと思う」と語ったほか、自身の過去を振り返り「大好きな事務所を退社する時はこれまでの人生で最大の決断をしたつもりだった」と綴っている。

●郷ひろみ

最後は、1972年に俳優として芸能界デビューを果たした郷ひろみ(62)。映画オーディション参加の際に喜多川社長からスカウトされた郷は、デビューした72年にシングル『男の子女の子』で歌手デビューも果たすなど、当時から精力的に芸能活動を行っていた。

75年までジャニーズ事務所に在籍していた郷は、芸能事務所「バーニングプロダクション」に移籍。以降も『お嫁サンバ』『言えないよ』『GOLDFINGER'99』など数々のヒット曲を送り出し、日本を代表するポップスシンガーに。ジャニーズ所属期間は短く40年以上も前の話とあって若い世代には“元ジャニーズ”というイメージが薄く、今もネット上には「元ジャニーズだったなんて知らなかった!」「郷さんジャニタレだったんだ… ジェネレーションショック…」といった声が。驚きが大きいほど、現在の活躍が目覚ましいという証明なのだろう。

きゃりーぱみゅぱみゅ [芸能]

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、中学生時代のボーイッシュな画像を公開し、ファンからの反響を集めているようです

 15日に自身のツイッターを更新したきゃりー。「中2か中3のわい」とのコメントを付けて、一枚の画像を公開した。

 数名の顔を隠した制服姿の同級生と思われる人たちとカメラに収まったきゃりー。ボーイッシュな装いの黒髪、メイクを施していないような素顔が印象的で、チャーミングな笑顔でピースサインを作っている。場所は奈良県にある東大寺の金堂(大仏殿)前のようだ。

 現在、25歳のきゃりー。中2か中3ということは14~15歳くらいだが、いまでは日本のポップカルチャーの先端を走るきゃりーだけに、白いブラウス姿やボーイッシュな出で立ちはフレッシュで、そのギャップに引き込まれる人は多そうだ。

 きゃりーのツイッターには「ふつうにかわいい」「めっちゃモテただろーな」「これは まじで可愛すぎ」「普通に黒髪もいいね」「目おっきくてかわいい」「あどけないね」「ボーイッシュな、感じ!!」と称賛の声が挙がり、「当時から存在感がすごいなって思う」「オーラが違いすぎてすごい」と感服するコメントも寄せられた。

 最近、髪の毛をバッサリとカットし、話題をさらっていたきゃりー。今回公開した写真では、そのショートヘアよりも遥かにボーイッシュな印象を与えるもの。ファンからの「いいね」の数は3万件を超えるほどの反響を集めており、若き日のきゃりーの笑顔にくぎ付けになるファンは多いようだ。

 ちなみに、きゃりーは過去にも高校時代の卒業アルバムの顔写真も公開。ショートヘアーに黒淵の眼鏡、そして後で付け加えたように思える魚の絵と猫のひげという写真で話題に。

 また、高校は女子高だったというきゃりーは、ある番組の公開収録で「制服が可愛かったから。普通の学校と制服の可愛いところのどっちかにしようと思って、女子校にしました」とも明かしていた。

キンタロー 平手友梨奈 [芸能]

モノマネ芸人のキンタロー。が14日、ブログを更新し、欅坂46の平手友梨奈のモノマネをテレビ番組で行い自身のSNSが大炎上していることに言及。ついに所属事務所にまでクレームが来ていることを明かし「悪意なんて一切ない」とモノマネの真意を改めて説明したそうです

 キンタロー。は11日に放送されたフジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」で平手のモノマネを披露。直後からネットでは炎上の様相を呈し、キンタロー。のツイッターにも賛否両論の意見が寄せられた。

 キンタロー。は自身がブレイクしたきっかけとなった元AKB48の前田敦子をモノマネした当時を振り返り「私が皆様の前に登場出来た時も大炎上しました」「無法地帯と化して大変な事になったのを覚えています。私の携帯フリーズしましたから」と当時の大炎上の様子をつづった。

 それ以来となる大炎上。キンタロー。のブログにはコメントが殺到しているが、「実は承認されていないコメントが3000件以上寄せられています」と、ブログ運営会社によってキンタロー。に直接届かないようブロックしているコメントが数多くあることも明かした。

 もちろんツイッターにも「罵詈雑言が届いてます涙。安心してください、ちゃんと届いてます」とつづり、一方で暖かい励ましの声も届いていることも明かし感謝をつづった。

 「そして今日聞きましたが、ついに…事務所にまで、、、!松竹芸能にまで怒りの連絡がきているみたいです。ついに来るとこまで来てしまいました」と、炎上の火の粉が事務所にまで及んでいることに驚きの声を上げ「こちらもちゃんと届いています。ご安心下さい」と呼びかけた。

 そんなファンたちへキンタロー。は「でも、これだけは伝えたい。私は皆さんに喜んで頂きたく、楽しませたい思いからやってます。今飛ぶ鳥落とす勢いの欅坂46さんのものまね、きっと沢山の方々が喜んでくれるだろうと。悪意なんて一切ないし、見て頂けたらこの想いはきっと伝わると信じてます」とモノマネした思いをつづっているようです

ルミ子ジャパン [芸能]

歌手で女優の小柳ルミ子(65)が12日、都内で行われた初のサッカー本「パスコースがない? じゃあ、つくればいい。 ルミ子の勝手にサッカー学」の発売記念イベントを行ったようです

 6月14日に開幕するサッカー・ロシアW杯日本代表メンバーを予想し、ゴールキーパー(GK)2人という“規格外”の選考招集リストを公開した。

 愛情あふれる“ルミ子ジャパン”は、フィールドプレーヤーを絞り切れなかった。ロシアW杯選手登録ルールではGK3人と定められているが、「私が見たい、コンディションが良く結果を出している選手。(本番に)間に合うであろう人を選んでみました」との選考理由を説明した。

 内訳はGK2人、DF6人、MF8人、FW7人の計23人。本田圭佑(31)、長谷部誠(34)のほか、注目選手として中島翔哉(23)、内田篤人(30)、10代から堂安律(19)、久保建英(16)を選んだ。期待していた香川真司(29)、岡崎慎司(32)を外し、「ケガが間に合いそうにない。そこもダメ。苦言をいわせていただくと一流の選手はケガが少ない。大事な選手としての要素」と厳しく指摘する場面もあった。

 日本はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。グループリーグの予想をボードで書くように指示されるも「本音と建前が違っちゃうので書きません」と拒んだ。「守って点を取る…非常に厳しい」と口頭で苦戦をにじませながら、「サッカーは何があるかわからない。相手チームにとって嫌なプレーをして1勝2分けで突破していただけたら。負けは言いたくない。日本代表が輝く姿が見たい」とエールを送った。

 自身はバルセロナ所属のメッシ(30)をきっかけにサッカーファンとなり、年間2000試合を観戦してきた。サッカー本初出版に「新曲発売よりもうれしいかも」と涙。バルサを退団するイニエスタのJ1ヴィッセル神戸移籍の噂には、「すごいセンセーショナルなこと」と期待したそうです

長澤まさみ [芸能]

4月9日にスタートしたフジテレビ系「月9」で、天才的な信用詐欺師を演じる長澤まさみ(30)。変装が得意な役どころそのままに、多彩な表情を見せる女優の素顔を、ともに仕事をしたカメラマンが語る!

 1st写真集『そら』(2001年)を撮影した写真家・今村敏彦(58)氏が言う。 

「撮影を担当した写真集『そら』は、彼女が好きな長渕剛さんの曲名からイメージしてつけたと聞きました。撮影は千葉、北海道、サイパンでおこない、最初はお母さんが付き添いでいらっしゃっていました。

 ごく普通の女の子でしたが、“素材” としてはすごいものがありました。そのままの彼女を撮影すれば、最高の写真集になると直感したものの、僕がその “素材” を撮りきれるのかというプレッシャーを感じましたね。

 そんな女の子は今までいませんでした。それ以降、映画の取材などで会うと、『あの写真集、お母さんがすごく恥ずかしがってたんですよ』なんて冗談を言う明るさもあって、そんな一面にも驚かされています(笑)」

 写真集『me』(2002年)を撮影したカメラマン・内順一氏(45)の証言。 

「彼女がオーディションに合格した小学校6年生のときから、中学3年生までを撮影して写真集にしました。人見知りをするタイプでしたから、やめたいと思ったことも多かったと思います。

 少し時間が空くと、マネージャーさんが車を走らせて、友達がいる地元の静岡まで帰っていました。素の彼女は男の子っぽく、ちょっとやんちゃでひょうきんなんですけどね。

 だから『きれいな女の子』のイメージ作りは、居心地がよくなかったと思います。

 被写体としてはバツグンでした。顔の小ささと手足の長さのバランスが絶妙でしたね。彼女が30歳になったのかと驚きましたけど、静岡に帰って、友達と会ったりしてのんびりする彼女の写真を撮りたいですね」

 写真集『少女伝説2000-2002』(2002年)を撮影した写真家・アライテツヤ(54)氏はこう話す。 

「撮影当時の長澤さんは、人形のような無防備さと、無垢さを持ち合わせた “無表情な妖精” という印象の少女でした。

 写真集の撮影では、休憩時間も20分しかないというハードな日帰りロケの合間に、『仕事のない日に、スタッフみんなで遊びに行きたい』としきりに言っていたのが印象的でした。

 後日、ディズニーシーに皆で出かけたのも、今となってはいい思い出です。

 映画の撮影でスキンヘッドにした時期も、グラビアの現場に何も臆することなく現われたり、すでに大物の度胸を持ち合わせていた印象があります。

 長澤さんも20代中ごろからは、全体を見渡す余裕が際立っているようです。どんな役柄も大胆に挑戦でき、女優としてまだまだ伸びしろのある逸材だと思います。

 個人的には、彼女にしかわからない、彼女の人生につながるものを撮影できたら幸せだと思います」

いまむらとしひこ 
1959年生まれ 愛知県出身 篠山紀信事務所を経て、1986年よりフリーランス。代表作に写真集『天使のお通り』『LOVE TATTOO』など

うちじゅんいち
1972年生まれ 大阪府出身 山岸伸写真事務所を経て1995年内順一写真事務所設立。映画、舞台パンフレットも手がけるほか、アウトドア関連の仕事も多い

あらいてつや
1963年生まれ 静岡県出身 写真集『少女伝説 2000-2002 長澤まさみ』では、13歳から15歳までの長澤を撮影。その後も何度も撮影を担当している

(週刊FLASH 2018年4月17日号)
タグ:長澤まさみ
SEO対策テンプレート