So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行なら楽天トラベル

ブルゾンちえみ with B [芸能]

 ブレイク中のお笑いタレント・ブルゾンちえみのバッグで踊る「with B」ことお笑いコンビ・ブリリアンの2人が、ブルゾンがメインキャストを務めるフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)のきょう放送第6話に出演することが、明らかになったそうです

 徳田浩至(金髪)と杉浦大毅(黒髪)の2人が演じるのは、桐谷美玲演じる主人公・城之内純が入院している病院に同じく入院してきた“キャリアウーマン”女社長・由佳子(楠見薫)が引き連れてきたイケメン秘書。「with B」ばりにスーツ姿で決めてきたが、ドラマの現場の雰囲気、そしていつもと違うブルゾンの姿を見て、かなり緊張していたという。

 しかし、『東京ラブストーリー』や『ロングバケーション』などを手がけてきた永山耕三監督の演出で徐々に緊張もほぐれ、「心躍るというか、新しい自分たちを発見できたような気がします」と話し、「普段との表情の違いやブルゾンさん以外に仕えてるところなどにも注目していただきたいです」とアピールした。

 また、ドラマの現場でブリリアンと共演したブルゾンは「彼らの演技を見るのも、私の演技を見られるのも、とても恥ずかしかったです。なんだか家族に見られているような…“参観日”みたいな気分でした」と照れながら感想を語ったそうです

Kis-My-Ft2 宮田俊哉 [芸能]

 Kis-My-Ft2の宮田俊哉が15日深夜に放送されたTBS系「Momm!」で、大好きな母親への思いを隠すこと無く吐露。今でも一緒に寝ようと思えば「寝れます!」と即答し、出演者をドン引きさせたそうです

 番組では、ゲストの渡辺直美のこれまでの人生を振り返っていたが、その中で家は貧しかったが豪快だった渡辺の母親について話題が及んだ

 MCの中居正広が各出演者に実家が裕福だったかどうかを聞き始め「宮田は?」と事務所後輩にも質問すると、宮田は「あんまり裕福ではなかったですけど、お母さんからの愛がたくさんあったので元気に過ごせました!」と即答。続けて「ママから愛をたくさん注いでもらいました!」とも話し、あまりにもストレートな母への愛に、出演者も驚きを隠せない

 中居から「ママ大好き?」と聞かれると「大好きです!お母さん好きです。今でも好きです」と再び笑顔で即答。中居から「今でもママと一緒に寝ようと思えば寝られる?」と聞かれると「寝れます!」と答え、ここでやっと他の出演者の反応に気づき「なんでドン引きなんですか」ときょとん。平成ノブシコブシの吉村崇から「通常の反応だよ!」と突っ込まれた

 中居は他の出演者に「すっげーママ好きなんだよ。知らないと思うけどハンパない」と、宮田の母親好きを紹介。更に「本気出せばママとキスできる?」と聞かれ「酔っていれば」と答え、出演者は絶叫していたようです

スマノミクス [芸能]

 元SMAPメンバーが出演したCM、または番組で食べた、飲んだ、買った、紹介した商品をファンがこぞって購入するという運動。安倍晋三首相の経済政策を称した“アベノミクス”から由来する、SMAPファンによる“スマノミクス”が、またも全国各地で発動している。 

 たとえば、中居正広が《あたらしくいこう》をキャッチにCM出演した缶チューハイ『キリン 氷結』。同商品が“バカ売れ”したことはすでに報じている通りだ。

 最近では中居と香取慎吾が共演したことで話題になった4月22日放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)でもスマノミクスが。『全国ご飯の友』という特集で紹介された12商品の中でも特に中居が「これ本当にうまい!」とバクバク食べていたのが、『くにを鮭キムチ』(250g税込み1080円)。

「反響はものすごいです。HP上からのご注文はおよそ1年待ち。お店は札幌から車で30分~40分かかるんですが、毎日行列ができています。手作りなので数に限りがあるんですが、開店から7分で売り切れてしまいます」

 そう話すのは店主の前田國男氏。もともと焼き肉店のメニューとして出していた一品を約10年前に商品化。以降、徐々に全国区となっていったというが、『スマステ』放送で一気に火がついた。

「本当に感謝しています。SMAPファンのお客さんは3か月でも半年でも黙って待ってくれて、しかも“頑張ってください”“お身体に気をつけてください”と励ましの言葉をかけてくださるんですよ。そういうやさしいところがありますね」

 リピーターが多いという商品だけに、中居もまた食べたいと思っているかも? 

「そうなっていただけるとありがたいですが、1年待ちですけどね(笑)」

 またこの放送をまとめたフリーペーパー『SmaTIMES#679』は即日、配布終了。ネットオークションでは、2000円~3000円の値段で取引されている。

 そして4月26日放送のフジテレビ系特番『中居正広の神センス☆塩センス』でも、スマノミクスが発動。中居が「2日にいっぺんは食べる」というカップ麺特集で、「これはすごいね。うまい」と大絶賛したのが、日清食品の『カップヌードルリッチ贅沢とろみフカヒレスープ』(メーカー希望小売価格税抜き230円)だった。

 すると翌日以降、各地のスーパーやコンビニでは同商品のみが陳列棚からぽっかりと姿を消したのだ。

「放送で商品をご紹介いただきましたあとに、ツイッターなどのSNSによる評判、またお客様からの“どちらで売っていますか?”とのお問い合わせも含めまして、好評なご意見をいただいております。放送による販売状況に関しましては把握しきれてはいないのですが、いい結果につながっているとは思います」

 日清食品といえば、中居を'04年から'15年まで10年以上もの間『どん兵衛』CMに起用していた企業だ。これを機に『カップヌードル』CMに抜擢なんてことも? 

「今後のことに関しましては特に何も考えられていませんし、また(CM起用に関する)情報を事前にお伝えすることはございません」

 それにしてもファンが熱心になるスマノミクスは本当に経済に影響を与えているのだろうか。解体したSMAPファンクラブにはおよそ100万人の会員がいたとも言われており、例えば、全員がカップヌードルを1個購入したとすると、単純に売り上げは約2億3000万円にもなる。

 エコノミストの森永卓郎氏にも聞いてみると、

「経済全体から見ますと、2億円というのは少ない数字なんですね。GDP(国内総生産)自体は500兆円くらいなので、10億円や20億円を超えても全体への影響はほとんどないんですよ。

 ただ、この(スマノミクスによる)広告宣伝効果が継続していくのなら、(元メンバーたちに)次から次へとCMオファーが来ると思うので、それを全部合わせれば何百億円、うまくいくと1000億円を超えるような効果も出てくる。そうなると大きいですよね。

 普通、解散すると人気はパタッと落ちがちですが、SMAPはそうならなかった。キムタクも映画をはじめとして引っ張りだこになっていますし、それだけファンを引きつける力があったということなんでしょうね」

 全国各地で発動中のスマノミクス。これもSMAPの25年間がもたらした功績かもしれませんね

指原莉乃 [芸能]

指原莉乃が7日、自身のTwitterで、親知らずを4本抜いてから3日目の経過を写真付きで公開し、腫れた顔が「別人のようだ」とファンに衝撃を与えているそうです

 5日に「親知らず抜い!!!!た!!!!しかも!!!4!!!!本!!!!やば!!!!!!」と報告していた指原。それから数日が経ち、「親知らず抜歯。まだ3日目だから腫れてる。笑 記念に載せます。笑」と輪郭が変わるほどに両ほほが腫れた自身の写真をお披露目した。

 「痛くないし、血も出てないよ~」ともつづっている指原だが、これを見たファンは「痛々しい」「え?!こんなに腫れちゃうんだね」と心配している様子。さらに、「誰だ???」「誰かわからんやん」「別人みたい」「これ誰? カクカクやん」と普段の指原の顔との違いに驚く声が多く上がった。

 加えて、なぜか「こっちの方がかわいい笑」「腫れててもかわいいよ」「腫れてたほうが正直かわいい」という意見もある中、「ホームベースみたい」という指摘もあり、指原自身も「だだだれがホームベースじゃいっ」とツッコミを入れていたそうです
タグ:指原莉乃

黒木メイサ [芸能]

女優の黒木メイサ(28)が7月14日公開の中国映画「青禾男高(チンヒョウナンコウ)」(ジャン・ツォーウェン監督)で海外デビューすると、5日付のサンケイスポーツなどが報じたよいうです

同紙などによると映画は中国の高校を舞台に、主人公(オウ・コウ、24)らが属する中国人グループと柴田(林遣都、26)が中心となる日本人学生グループの抗争を描く物語。黒木は日本人キャスト一番手となる武家の娘役。得意な殺陣のほか、北京語も披露しているという。

夫で歌手の赤西仁(32)も中国では人気者とあって、黒木も現地で注目を浴びそう。しかしこのところ、黒木の仕事ぶりが以前とガラリと変わってしまったというのだ。

「以前は映画や民放キー局のヒロインを中心に仕事を入れており、CMも一流どころばかりでした。ところがここ最近は手当たり次第オファーを受けまくっているのです」(民放キー局のドラマ班スタッフ)

黒木は12年2月に赤西と“デキちゃった結婚”し、9月に第1子の長女を出産し仕事復帰。15年には妊婦で刑事役の「デザイナーズベイビー」(NHK)、16年には夫が民泊ビジネスを始める深夜ドラマ「拝啓、民泊様。」(TBS系)、そして今回の中国映画など幅広く仕事をこなしている。

「黒木のデキ婚のおかげで事務所は相当額の違約金を背負うことになった。桐谷美玲(27)がブレークしてくれたおかげで乗り切ったが、黒木はまだ事務所にかなりの“残債”があるそうです。そのためまだまだ仕事を選ぶことを許されないようです」

本来ならばまだまだ稼がなければならなかったが、昨年11月に第2子妊娠を発表しており間もなく出産予定
タグ:黒木メイサ

ジョジョの奇妙な冒険 [芸能]

 荒木飛呂彦による人気コミックを実写化する『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の撮影現場にて、平野隆プロデューサーが、「ジョジョ」シリーズの中でも4部を実写化作品として選んだ理由について明かしたようです

 10年ほど前から実写化の構想を抱いていたという平野プロデューサーは、昨年11月の取材会にて「ジョジョ」シリーズの中でも第4部こと「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」を選んだ理由について「日本が舞台ということが一番大きいです」と話す。「ほかのシリーズや登場人物を変えることも検討したんです。例えばですが、主人公の名前が外国人の名前になるとか。そういう作品もありますけれども、特異な世界になってしまう。それに4部はスリリングで面白いんです。ファンからも人気のシリーズです」。そして平野プロデューサーは、昨年9月の実写映画化発表会見で明かした通り、5年以上前に企画をスタートさせ、原作者の荒木を口説き続け実写化にこぎつけた。

 撮影現場で組まれているセットなどのイメージボードも、荒木は確認しているという。残念ながら平野プロデューサーが取材に応じたこの日は、まだ日本での撮影を開始してからすぐの日取りであったため、「まだセットには荒木先生は来られたことはない」とのことだったが、荒木との打ち合わせの際には「先生から『あ、すごいカッコイイ!』『あ、いいですね~』とほめていただいています」という。

 またスペインでのロケも話題になったが、スペインをロケ地に選んだ理由は、作品の中に登場する大きな館などの西洋風味の部分を取り入れるためと、劇中のキャラクターたちの“なじみやすさ”を考慮してとのこと。メガホンを取った三池崇史監督は、「荒木先生のご出身の仙台を含め、先生自身の思い出の街が増幅してできた杜王町」をリアルのものにすべく、今は全く見られなくなった短ラン&ボンタン着用の“昔ながらの不良学生”がなじむノスタルジーあふれる風景を探し、スペイン・シッチェスにたどり着いたと語っていたそうです

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国公開

嫌いなジャニーズ2017 [芸能]

17年も『週刊女性PRIME』で独自のアンケート調査を実施(ユーザー層の違いを考慮して『週刊女性』本誌とは別です)。おかげさまで今回も、10,000名を超える方々からの回答が集まりました。ご協力ありがとうございました。
それではさっそく'17年「嫌いなジャニーズ」1〜15位にランクインしたメンバーについて、アンケートで集まったリアルな生の声とともにご紹介していきます!
1位:いない(2096票)*昨年2位
ナンバーワンに輝いたのは「いない」という回答結果。寄せられたコメントを見ていくと、こんな感じ。
「ジャニーズの皆さんは、10代の頃から、みんな頑張り続けてきているので、Jr.も含めて、全員応援しています。嫌いな人はいません」(40代女性・派遣社員)
「ジャニーズアーティストはそれぞれが考えを持ってアイドルという職を全うして、そのブランドを維持している。合わないと思う人はいるが、嫌いな人はいない」(30代女性・育休中)
「みんな厳しい競争の中、自分が出来ることを精一杯必死に頑張っている。お互い蹴落とすというより、ファミリーって感じでいてほしい」(40代女性・個人事業主)
ジャニーズ愛溢れる方々からのコメントが多数見られたが「興味ないひとは見ないから、嫌いにもならないです」(10代女性・学生)という回答も多かった。まっとうなご意見かと。
2位:木村拓哉(1964票)*昨年1位

ドラマの外ロケで休憩中の木村拓哉
そして2位は'16年「嫌い」部門の“絶対王者”元SMAPの木村拓哉だ。あの解散騒動のことをよく思わない人はいまだに多いようで……。
「SMAP騒動で印象が悪くなった」(20代女性・会社員)「SMAPを潰した張本人」(50代女性・会社員)「どうも信用できない」(30代女性・パート従業員)などの意見が多数!
会見時の態度にも「謝罪会見のドヤ顔が…。何故あの状況であんな顔が出来るのか人格を疑う」(20代女性・会社員)といった指摘が入っていた。
この騒動に関連して「俺様」「自己中心的」「自己保身」というワードがズラリと並んでいた。“裏切り者”という印象がまだまだ拭えない模様。
また、「SMAP解散」に関する意見のほかに彼の演技力に着目するコメントも多く見られた。昨年はTBS日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』に主演として出演、そしてこちらも主演する映画『無限の住人』が公開中だ。
「何の役をやっても木村拓哉になっちゃうくらい演技下手なのにうまいと思ってるところ」(30代女性・主婦)
「俳優として、演技が凄いわけではないのに勘違いしているところ。演技なんか出来ていなくて、どんな役でも自分を消しきれていない。そんな人が演技について語っているのを見るとムカつく」(20代女性・学生)
「飽きた。いい加減、年相応の役をちゃんとやってみたら良いのに。格好いいだけの役はもう無理。世代交代ですよ」(40代女性・主婦)
他の意見として編集部がチョイスしたのは、こんな感じ。
「鼻につく」(20代女性・学生)、「威嚇する目つき」(40代女性・会社員)、「ジャイアン」(40代女性・療養中)、「黒い」(30代女性・会社員)、「関口宏のフレンドパークのエアホッケーで、余りに周りを気遣えない様子を見たから」(50代女性・主婦)
3位:小山慶一郎(1292票)*昨年29位
続いて、3位にランクインしたのはNEWSから小山慶一郎。昨年から大幅に順位を上げてしまった彼だが、一体何が……!
アンケート結果で多く見られたのが「プロ意識が低い」「アイドルとしての自覚がない」という意見。どうやらこれはアイドル太田希望とのツーショット写真の流出ほか、ネット上で拡散した“黒い噂”が原因のようだ。
「あたまおかしい」(10代女性・学生)
「小山事変でさらに嫌いになりました」(20代女性・会社員)
「ファンを裏切る行為。あれだけSNS上で、流出したものがたくさんあるのに一切触れない。正直嫌いという線を通り越して、どーでもいいジャニーズですね。彼が何をしてても一切関心が沸かない。だけど、彼の起こしたゲス以上のクソ行為が面白くて仕方ない。見てて楽しい」(20代女性・介護福祉士)
「今回のひと悶着で裏切られた。周りの小山担が本当に可哀想だったし、その件について何もフォローがなかったから。好きだったのに」(20代女性・学生)
「彼女の匂わせで流出した自撮り写真がイタい」(20代女性・会社員)
「交際を匂わせておきながらファンに謝りもしない。挙げ句の果てには裏でファンの悪口、メンバーの悪口を言ってる彼はクズでしかない。早くグループから抜けてほしい」(10代女性・学生)
などなど、ほかにも掲載できないような辛辣な意見が多数。この“小山事変”の影響もあってなのか、キャスター業のイメージも大幅に悪化しているようだ。
「キャスター然として、常識人ぶっているけど意地の悪さが滲み出ている」(40代女性・主婦)
「とにかく迂闊。せっかくニュース番組に出て、知的イメージが定着しつつあったのに、プライベートがあれではがっかり」(30代女性・主婦)
「キャスターの仕事をしている顔と、私生活での顔が正反対であること。賢い人かと思っていたけど、だらしない自分勝手な人にみえるから」(40代女性・主婦)
まさに“負のギャップ”! 最後に、20代会社員の女性から意見で締めくくりたい。
「スキャンダルに対しての誠意が全くない。彼女がいたことを怒っているのではない。せめて、アイドルとして、ファンへ何かしらの言葉を送るべき。アイドルは適当でキャスターへ力を入れる姿はもうジャニーズではない」
まずはプロ意識をもってアイドル業を全うする。その先に、日々のニュースを伝えるキャスター業があるのかもしれない。その意味では先輩・嵐の櫻井翔はしっかりしているようにも見える。
4位:伊野尾慧(572票)*昨年10位

シンガポールの高級ホテル、屋上のプールサイドで密会する伊野尾慧とセクシー女優
こちらも大幅ランクアップしてしまったHey! Say! JUMPの伊野尾慧。言わずもがな『週刊文春』が報じた女性アナウンサーとの“ザッピング愛”こと二股交際疑惑が影響しているようだ。
「二股野郎。たいしてカッコよくないくせに」(20代女性・学生)
「アナウンサーとのスキャンダルはさすがにキツかった」(20代女性・会社員)
このスキャンダルもあってか、これまで可愛く見えていた“チャラさ”“毒舌”を許せなくなる人が続出!
「人を見下している」(40代女性・職業未記入)、「ゆとりの典型」(30代女性・主婦)などなど。ほかにも以下のような厳しい意見が集まった。
「礼儀がなっていない。ネタ・ノリだとしてもいい気はしない」(10代女性・学生)
「先輩や目上の人に対しての態度や発言が許せない」(40代女性・会社員)
「ふにゃふにゃしててやる気がなさそうだから」(10代女性・学生)
「態度がイライラする。特に朝の情報番組で眠そうな目をしているのが気になる」(10代女性・学生)
「媚びているくせに横柄な態度が嫌いで、TVで見かけたらチャンネルを変えます」(40代女性・職業未記入)
最終的に“ザッピング”される側になってしまうとは……。
5位:近藤真彦(485票)*昨年4位

近藤真彦
小山、伊野尾などの新参者が「嫌い」部門トップ5に入るなかで、レギュラーメンバーに定着しつつあるのは“マッチ”こと近藤真彦。やはりベテランは違う。
50代以上の回答を見てみると、
「年上だというだけで威張っている。後輩の稼ぎで好きなことをしている。芸がない」(50代女性・主婦)
「先輩風ふかし過ぎ」(60代女性・年金生活者)
「若い頃はそれなりに好きだったのですが、今の彼は先輩面がとても鼻につく。後輩たちから、よいしょされてて、周りも見えてないし、とにかく、偉そうな態度が見ていて気分が悪い」(50代女性・職業未記入)
といった意見が。若い世代からの意見も方向性としてはだいたい同じ。
「ジャニーズ総出演のものに出演すると、全体的にマッチさんという雰囲気になり他のグループ(特に若手)が目立たなくなるから」(20代女性・フリーター)
「すごい人なのかもしれないが、滅多に出ないのにものすごく先輩ヅラをしたり、はっきり言って歌もそんなに上手くないと思う」(20代女性・保育士)
「マッチが歌番組で歌ってる時にジャニーズ全員が立って手を叩いて盛り上げてるところを見てから恥ずかしくないのかなと思ってそこから苦手になった」(10代女性・高校生)
このように全世代から「先輩ヅラ」に対するNGが出ていた。夢を売るジャニーズの世界では“上下関係”を持ち出すこと自体が「無粋」に映るものなんだろう。さりげなくしているのが吉ということか。
6位:松本潤(459票)*昨年6位
今回も上位に食い込んできた嵐・松本潤。こちらも『週刊文春』の報道でセクシー女優との交際疑惑が発覚。長年交際を続けているという井上真央との関係があるなかでの報道に戸惑いを隠せない人が多いようだ。
「純愛を貫いていると思っていたのに本当にがっかり。残念でならない。すべてが仮面に思える。嵐全体のイメージダウンになりかねない」(50代女性・会社員)
「葵つかささんと4年も交際してたのに彼女の扱い方が酷すぎ。もっと女性を大事にする人だと思ってた」(20代女性・会社員)
「スキャンダルに対して真摯に向き合ってない。井上真央さんに対しても迷惑をかけていながら、何も援護する言動や態度が見受けられないので最低だと思うからです。」(60代女性・主婦)
たしかに“純愛”なイメージがあったからか、今回の報道で大きくイメージダウンした人は多いのかもしれない。また、さすが嵐というだけあって幅広い世代からの意見が集まった。若い世代からはこんな意見が。
「言葉の選び方が下手くそ。冗談のつもりなんだろうけど笑えない事が多い。言った後に“ごめんね”とか言うけど、言ってしまった言葉は消せないし、謝るなら言うなって思う」(20代女性・学生)
「ニタニタ笑うところ」(10代女性・高校生)
「とにかく何年か前に比べて態度がでかい。初心に戻ってほしい」(10代女性・学生)
「完全にオジサン化している。特に顔」(10代女性・学生)
10代からすると、あの松潤ももうオジサンに見えてしまうようだ。7位から15位にランクインしたメンバーたちにも多くの意見が集まった。
7位:手越祐也(438票)*昨年3位
「全体的にチャラい」(20代女性・フリーター)
「チャラすぎて宇宙人みたい」(30代女性・主婦)
「前向きという意味を取り違えた発言や下品な言動がどうにも受け付けません。俺のことを嫌いだって言う奴らは本当は俺のことが好き、という勘違い発言を聞くたびに、ゴキブリが大嫌いな人が本当はゴキブリが好きだとでも言いたいのですか? とバカさ加減に呆れます」(40代女性・会社員)
「サッカー解説とか聞いてられない」(30代男性・会社員)
「金髪がおかしい」(30代女性・会社員)
「何をやってもキャラで許されると思っている節があるから」(50代女性・職業未記入)
8位:横尾渉(373票)*昨年27位
「歌の下手さがハンパない。。」(40代女性・主婦)
「亀梨和也さんの私物を借りパクしたまま返さないから」(50代女性・家事手伝い)
「ジャニーズ大運動会でのやる気のなさ、プライベートの詰めの甘さがSNSで広まりすぎなため」(20代女性・学生)
「匂わせ彼女がいたのを知ってから今までの塩対応が許せなくなりました」(20代女性・会社員)
「最近、髪が長すぎて不潔」(10代女性・学生)
9位:香取慎吾(363票) *昨年24位
「雑誌に書いてることを鵜呑みにしているから本当のところはわからないけれど、あれが本当なら大人げない」(50代女性・会社員)
「目が怖い」(20代女性・会社員)
「目が笑ってない。コミカルな風に見せて実は暗そう。粘着質そう」(50代女性・パート)
「おじゃマップの収録で、子だくさん家庭を訪問した時に、遠慮なく子供のおかずをモリモリ食べていた場面や、他の共演者にわがまま放題で収録している姿を見て、幻滅」(50代女性・会社員)
「芸術家タイプで自由奔放が可愛いかったのですが歳を重ねてもスタイルが変わらず大人げない行動が多すぎる」(60代女性・会社員)
10位:中居正広(357票)*昨年5位
「アイドルなのに何を目指しているのかわからない。話してる言葉がTVに出る人の話し方ではない。家で話してるような話し方が下品」(30代女性・主婦)
「番組における弱い者いじめや下品なMC、下手やできないことを売りにする姿勢が不愉快だから」(40代女性・会社員)
「解散で泣くなら色々あってもグループ守れよ!じゃなきゃ本当の事言えよ!」(30代女性・主婦)
11位:櫻井翔(303票)*昨年8位
「ニュース番組で喋っているのを見ていても“学歴もありニュース番組を任される自分は他のアイドルとは違う”という不遜な感じが透けてみえる。喋り方にも出ている。昔は好きだったのですが、彼は成長するにつれ、そういう部分が色濃くなった気がする」(40代女性・会社員)
「声出して笑ってるのに、目は全く笑っていない。何を考えているか分からない」(40代女性・会社員)
「アイドルとして、コンサート中でも、ファンサービスが少ないので好感が持てない」(10代女性・学生)
「要領悪い人をせせら笑うイメージ」(40代女性・会社員)
12位:山田涼介(299票)*昨年23位
「化粧が濃い」(50代女性・介護士)
「まだ若いので仕方がないが、何かを勘違いしている」(40代女性・会社員)
「キスマイと共演した時に、キスマイメンバーを見下しすぎ」(10代女性・学生)
13位:菊池風磨(215票)*昨年9位
「慶応卒インテリと言いつつ、NHKの番組で為替市場を“かわせいちば”と言っていたから」(20代女性・会社員)
「先輩ジャニーズのモノマネ芸人みたい。演技も歌もなにもかも個性がない」(20代女性・会社員)
「赤西仁くんをリスペクトしているのか、しぐさや歌い方も真似してるように見えて気分が悪い」(30代女性・会社員)
14位:藤ヶ谷大輔(184票)*昨年13位
「特にジャニーズの先輩方と共演すると自分アピールがえげつないと思うところがあります」(40代女性・パート)
「ポリシーとオリジナリティの無さがイヤ」(20代女性・学生)
「キムタクを意識してサーフィンして日焼けしてるみたいだけど全く似合わない。キムタクとは顔のタイプが真逆なのに。自分でこれがいいとでも思っているのかな?」(40代女性・主婦)
15位:亀梨和也(168票)*昨年11位
「過大評価されてるような」(30代女性・会社員)
「どう見ても、昔と顔・性格が違いすぎて……怖い」(30代女性・会社員)
「ファンが偉そうにしてるから」(30代女性・主婦)

レベッカ ツアー決定 [芸能]

2015年夏、20年ぶりの再結成ライブで話題を呼んだロックバンドREBECCA(レベッカ)が、7月から28年ぶりとなるライブツアー『REBECCA LIVE TOUR 2017』を開催することが20日、わかったそうです
ファイナルは東京・日本武道館2daysを行うそうです

 15年の再結成ライブでは、8月に横浜アリーナ2days、11月にさいたまスーパーアリーナ公演を行い、チケットは完売。NOKKOの圧倒的なボーカル、演奏陣の熟練されたパフォーマンスで熱狂させた。その年の夏フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』や『RISING SUN ROCK FESTIVAL』、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にも初出場したが、活動継続か否かは明言していなかった。

 1年4ヶ月の沈黙を破り、28年ぶりとなる全国ツアーを発表。7月25・26日の大阪フェスティバルホール2daysを皮切りに、8月31日・9月1日の日本武道館2daysまで全9公演が行われる。

 「REBECCAを必要としてくれる人がいる、その事実が、私たちの背中を押してくれる」とファンの後押しでツアーを決めたレベッカは「あの日みなさんから受け取った愛と希望を胸に新しい曲を育み、そして会いに行きます」とメッセージを送った。

 公式サイトでチケット最速先行予約受付開始、一般発売は6月24日午前10時スタート。

■『REBECCA LIVE TOUR 2017』日程
7月25日(火):大阪・大阪フェスティバルホール
7月26日(水):大阪・大阪フェスティバルホール
8月15日(火):東京・中野サンプラザホール
8月16日(水):東京・中野サンプラザホール
8月18日(金):愛知・愛知県体育館
8月19日(土):愛知・愛知県体育館
8月26日(土):宮城・仙台サンプラザホール
8月31日(木):東京・日本武道館
9月1日(金):東京・日本武道館
タグ:レベッカ

元SMAP [芸能]

 元SMAPメンバーの確執がさらに鮮明になってきた。香取慎吾(40)がMCを務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」の22日放送回に、中居正広(44)がゲスト出演することになったのだ。中居と香取の絆の深さは誰もが知るところだが、元メンバー間の溝はますます深まっていくよう

 香取と中居との共演は解散後初めてで、昨年12月26日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回以来となる。元SMAP同士の共演をみても、香取のフジテレビ系「おじゃMAP!!」に草なぎ剛(42)が出演したほどで数少ない。

 もともと解散をめぐっては、木村拓哉(44)と4人の確執が取りざたされてきた。メンバーはマネジャー女史と行動をともにするかと思われたが、木村が会社残留を決意。それが解散のきっかけとなっているだけに、根深い因縁となっている。

 「解散の日だった昨年の大みそかに元メンバーの森且行を加えて集まった焼き肉屋にも、木村は参加していない。声はかけたとされているが、実質は木村だけがはずされた形でした。特にマネジャー女史とのつながりが深かった香取との溝は埋めようもないほど深い」と芸能関係者。

 それだけに、今回の中居との共演は、そうした確執をさらに明確にしているといえそうだ。「中居は今年9月の契約更改で独立すると目されている。そして香取は中居と行動をともにする可能性が高い。ふたりがどのような共演をみせるのか、それがこれからの元メンバーの動きを決めていくのでは」と放送関係者。

 その中居はバラエティー枠への道を強めている。20日放送のテレビ朝日系「アメトーーク」にひな壇で出演するのだ。「今回は『ひとり暮らし長~い芸人』というくくり。中居は先日、振付師の女性との交際が報じられたばかり。そうした話を払拭しようとするための出演という声もある。ただ、ゴールデンでMC番組を3本持つ中居がひな壇枠で登場すること自体が、バラエティー路線に本腰を入れているというスタンスの現れでしょう」と女性誌編集者。

 先日“隠し子”疑惑が浮上した香取に加え、木村は主演映画「無限の住人」が今年のカンヌ国際映画祭で上映されることが決まるなど、話題に事欠かないですね
タグ:元SMAP

三田友梨佳アナ [芸能]

 フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(29)が12日、同局系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。この日の三田アナの衣装が、ベージュのトップスにベージュのパンツ姿だったことが思わぬ事態を招いたようです

 番組冒頭、MCの高橋克実(55)が「今日は昨日に比べて暖かい。これが続いてほしいですよね。浮かれてるからさっき倉田くんが訳わからないこと言ってましたからね」と三田アナの同僚、倉田大誠アナウンサー(35)に水を向けると、司会を務める安藤優子キャスター(58)が「三田さんの衣装を見て…」とさらにパス。MC陣からの“キラーパス”を受けた倉田アナは、「何も着てないように一瞬僕見えてしまったんで、本当に申し訳ございません」と白状し、三田アナに謝罪したそう

 思わぬ勘違いをされた三田アナは「すごく失礼ですよ。ちゃんと着てますからね、私」と必死に抗議。高橋も「倉田くん本当にね、いい加減にしなさいよ。さんざん安藤さんに今ね、怒られた直後で」と倉田アナをからかった。

 安藤キャスターは「しかも今年ね、ベージュがすごく流行ってるんですよ。そういうことも知らないで『極めてヌーディーだ』とか言ってましたが」と追及の手を緩めなかった。

 しかし、最後には高橋も「言われたら相撲取りの着ぐるみみたいな…」と加わってきたため、安藤キャスターから「もういいから」とたしなめられていたそうです
SEO対策テンプレート