So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

本田真凛 [スポーツ]

シニアデビュー戦となる「USインターナショナルクラシック」に出場し、断トツの成績で優勝した本田真凛(16)。一躍“ポスト浅田真央”として注目を集め、平昌五輪出場を期待する声も高まっているようです

真凛といえば本田きょうだいの次女としても有名。長男の太一(19)、ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)でブレークした三女の望結(14)、さらに四女の紗来(10)もフィギュア選手というフィギュア一家に育った

「望結ちゃんは女優だけあって、その表現力が真凛ちゃん以上。紗来ちゃんはジャンプ力に恵まれていて、真凛ちゃんが『紗来がシニアに上がってきたら引退する』と言うほどの才能の持ち主です」

そんなきょうだい4人の総監督が、父親の竜一さんだ

「お父さんは会場でもかなり目立つ存在で、メディアとの付き合いも上手。『今度、真凛が表彰されるから取材に来てよ』とさりげなく子どもの活躍をアピールするなど、マネージャー的な役割も果たしています」

そして竜一さんが、子供たちに施してきた“英才教育”は驚くべきものだった。彼の著書『本田家流子育てのヒント』(プレジデント社)には、こんな記述がある

《どうすればもっと、子どもたちのもっている“可能性”を伸ばしてあげることができるか、そのために何ができるかと常に考えてきました。(中略)良いと思ったことはどんどん取り入れ、結果が出ることは続けてきました》

実際、真凛は2歳から始めたフィギュアに専念するようになるまで、数々の習い事に挑戦してきた

「お父さんはいつも子供たちの習い事に奔走していましたね。車には仮眠用の布団までのせて、朝6 時から日付のかわるころまで送迎していました」

だが、大変なのはそれだけではない。トップクラスのフィギュア選手を育成するためには、少なく見積もっても年間300万円の費用が必要だと言われている。それが4人も……。なぜ、それほどの費用をかけることができたのか?

「実は、真凛ちゃんは超がつくお嬢様。おじいさんが会社を4つも経営しているんです。4社合わせた年商は20億円を超えるといいます。竜一さんが子どもたちの教育に専念できているのは、おじいさんの計らいです。以前おじいさんが『孫たちには年間1人1千万円もかかるんや』と漏らしていました」

この祖父こそが、英才教育を金銭面で支えていたのだ。そして祖母もまた、真凛たちをサポートしてきたという。本誌は京都市内にある祖父母の自宅を訪れた。チャイムを鳴らすと、祖母が取材に応じてくれた

――真凛ちゃんのシニア大会優勝おめでとうございます。
「真凛の父親から『優勝できたよ、ありがとう』と報告があって、喜んでいたところです」

――平昌五輪への出場も期待されていますが。
「出られたら嬉しいですけど、あの子が元気に滑ってる姿を見てるだけで幸せです」
表彰台で見せる最高の笑顔が、ここまで支えてくれた祖父母への“恩返し”になることだろう――。
タグ:本田真凛

共通テーマ:スポーツ

美人すぎるプロボウラー 本間成美 [スポーツ]

グラビアに初挑戦した現役女子プロボウラー・本間成美(C)桑島智輝/週刊プレイボーイ
女子プロボウラーの本間成美選手(27)が、発売中の『週刊プレイボーイ』26号(集英社)に登場。人生初のグラビアで、ユニフォームを脱ぎ捨て衝撃のビキニ姿を披露したそうです

本間選手は2014年デビューの現役女子プロボウラー。“アプローチのアイドル”のキャッチフレーズで知られ、ボウリングファンを中心に話題になっていたところ、『週プレ』編集部が目をつけてグラビア界に電撃参戦を果たした

まさかのグラビアへのオファーに「ビックリしました」という本間選手だが、「楽しく撮っていただきました。特にしっとりした雰囲気のカットは、自分じゃないみたいですごく新鮮です。すてきなグラビアになったので、普段ボウリングをご覧にならない方にもぜひ、観ていただきたいです」と自信を見せている

今回のグラビアを担当した編集部員も「堂々と自信をもった笑顔で、無駄なぜい肉の無い美ボディを披露してくれました。さすが、プロアスリートの強心臓!」とポテンシャルに太鼓判。「常に笑顔で、スタッフへの対応もよい本間プロ。グラビア界での連続ストライクを願います!」と早くも連続登場を示唆したよう

https://gunosy.com/articles/afxKa

共通テーマ:グラビア

ネイマール [スポーツ]

 バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が31日、都内で行われた寝具メーカー・東京西川のイベント『夢のすいみん学校』に参加。テレビ東京系『Youは何しに日本へ』の直撃を受ける場面もあったそうです

 サプライズゲストとしてネイマールが登場すると会場は大歓声。44人の子ども達にサッカークリニックを開き、世界一とも言われる華麗な足技を惜しげもなく披露した。加えて「小さい頃、とてもわんぱくでしたので、そのためにしっかり眠ることは重要でした」と睡眠の大切さを説いていた。

 イベントでは報道陣の質問を受ける時間も設けられた。その際、『Youは何しに日本へ』(毎週月曜 後6:55)のディレクターが登場。来日した前夜も空港で直撃を狙ったが、失敗したばかり。この日は事前に申請した質問の中から2問という狭き門をくぐり抜けて見事に“直撃”に成功した。

 おなじみの腕章を巻きながら『You』取材班は「昨日、空港で聞けなかったんですけど『Youは何しに日本へ』」と変わらぬ質問をぶつけた。想定外の質問に苦笑いしながらネイマールは「西川寝具のプロモーションで来ました。早く言えば仕事しに来ました」とぶっちゃけた。それでも「また東京に来られて、うれしい。東京は大好きな街の一つなので。また、ぜひ戻れることを願っています」と笑顔を見せた。

 また、日本サッカーとブラジルサッカーの違いについても回答。「難しい質問」としながら「強いて言うなら、スポーツとしてだけでなく小さいころから遊びの感覚を取り入れているのがブラジルのサッカー。ピッチ上だけでなく、道端とかで友だちとボールを蹴る。いつも遊びながらの感覚が強い。幸せになるため、楽しくなるためのサッカーがブラジル。そこがブラジルサッカーたる所以。世界の中でも特殊なものだと思っている」と話した。一方で子どもに夢を問われるとネイマールは「ブラジル代表としてW杯で優勝することです」と力強く語った。

 また、前日に原宿で行われたイベントでは1000人近くやじうまが集まり、黒山の人だかりに。警察まで出動する大騒動となった。この日は会場の周りをイベント開始前から警察官が鬼の形相で警備にあたったこともあり、大きな問題になることなく終了したそうです
タグ:ネイマール

共通テーマ:テレビ

稲村亜美 [スポーツ]

「神スイング」&「神ピッチング」でおなじみのタレント、稲村亜美(21)が8日、阪神-巨人2回戦(甲子園)で始球式に登場。念願の甲子園初登板で、もちろんノーバン投球を披露し、自己最速タイの103キロをマークしたそうです

 「投げた瞬間、心臓が飛び出ました!! ほんとですよ? 動きました! よかったー。今までの球場も緊張しましたが、マウンドに上がったら(雰囲気に)飲まれました」

 プロ野球公式戦で数えること8度目の登板となった「始球式の女神」は投げるたびにユニホームの背番号を更新し、今回はタテジマの「8」で登場。黒土のマウンドへ、緊張の面持ちで登ると、白のショートパンツからスラリと伸びた美脚を高く上げ、ダイナミックなフォームから白球を投じた。

 巨人の1番打者・中井は思わず空振り。スピードガンは「103キロ」を計測し、捕手の阪神・梅野のミットに剛球が突き刺さった。試合前には秘書を通じて始球式のオファーを出した阪神・坂井信也オーナー(69)に「ほんとうにありがとうございました」と感謝を述べると、「(自己最速の)103キロ超えを目指してください」と激励された。

 見事な投球に、金本監督も笑顔。聖地での登板で、惜しくも限界突破のノーバンとはならなかったが、女神は「103キロは最速タイなので、自分の中では80点くらいですね!」とキラキラ光る汗をぬぐっていたそうです
タグ:稲村亜美

共通テーマ:芸能

高梨沙羅 [スポーツ]

ノルディック・スキージャンプの高梨沙羅選手(20)が31日、オークリー株式会社とアイウェア(ゴーグル・サングラス)契約を結び、都内で行われた『OAKLEY×高梨沙羅選手』契約発表会に出席したそうです

今月8日に20歳の誕生日をフィンランドでの合宿中に迎え、大人の仲間入りを果たした高梨は、この日は黒を基調とした革ジャンにドレスを組み合わせたシックな装いで登場。今年の春から先輩の見よう見まねで始めたという化粧と合わせて、大人の雰囲気を醸し出していた。報道陣から「すっぴんはできますか?」と問われると「もう絶対できない」と恥ずかしそうに答えたそう

この日は、サプライズでゴーグルをモチーフしたバースデーケーキが贈られると「すごーい!かっこいい」と大興奮。20歳の抱負を問われると「まだ20歳だって実感はないんですけど、先輩から受け継いだことを、しっかり後輩に教えていけるだけの器のある選手になりたい」と決意を語り、「ワールドカップ全戦全勝を目指してがんばりたいと思います」とさらなる飛躍を誓ったようです
タグ:高梨沙羅

共通テーマ:スポーツ

ナイキ ハイパーアダプト1.0 [スポーツ]

米国の世界的スポーツブランド「ナイキ(NIKE)」で有名なのが、エア・ジョーダンやエア・マックスなどのスポーツシューズだ。そんな、最新の技術やデザインが魅力のナイキのスポーツシューズに、また歴史を塗り替える商品が加わることとなったようです

世界中で話題のそのナイキの新商品は、自動靴ひも調整機能付のスポーツシューズである

・米国の店舗で発売される一般向け商品

ナイキから発売される自動靴ひも調整シューズの名前は『ハイパーアダプト1.0(HyperAdapt 1.0)』だ。ナイキでは以前、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー 」に登場する、自動靴ひも調整機能付きのレプリカシューズを発表しているが、今回の製品は米国の店舗で発売される一般向け商品である

・装着すると自動的に紐が締まる
ハイパーアダプト1.0は、装着すると、かかとに搭載されたセンサーが作動してモーターが自動的に紐を締める仕組みで、靴のサイド部分に内蔵されたボタンを使えば締まり具合の細かい修正も可能。さらに、装着システムが作動した際にソールのセンター部分や、かかとのバッテリーゲージなどが光るのも大きなポイントだ。
ちなみにバッテリーに関してだが、約3時間で満充電となり、その後は2週間ほど継続使用が可能とのこと。モーターを使用している割には長く持つようである

・普通のデザインが実用的で好印象
動画では、ハイパーアダプト1.0の全貌を確認することが可能で、「ウィーン」とゆっくり紐が締まったり、ソールやかかと部分が光る様子がマジでカッコ良い。また、パッと見たところ普通のスポーツシューズに見えるところも、実用的で好印象だ

・日本での販売は未定
このスニーカーはまず、2016年11月28日から米国の一部店舗から販売が開始されるとのことで、日本での販売が未定なのが惜しいところである。なお、価格も未定のようだが、いずれにせよ発売されれば完売必至だろう

共通テーマ:スポーツ

本田圭佑 [スポーツ]

ミランの日本代表FW本田圭佑がイタリア中部地震への寄付を打ち明けた。25日、公式インスタグラムにて明かしているそう

現地時間の24日午前3時36分、イタリア中部でマグニチュード6.2の地震が発生した。25日朝までに247人の死亡が確認されている

本田は自身のインスタグラムにて「少しでも気持ちを届けたいという想いでイタリア赤十字に20,000ユーロ(約227万円)寄付させてもらいます。亡くなった方々、そして家族の方々には心からお悔やみ申し上げます」と明かした

また、地震被害の再発防止のため「日本も地震が多い国です。建物はそれに対応するべくとても頑丈です。日本の技術を導入してはどうでしょうか」と提案。そして、「地震を予期できる装置を発明するべき」、「世界のエンジニアの方々、もしくは関係者の方々はコンタクトをしてきてください。全力でサポートさせて頂きます」と新たな決意を表明している

イタリア赤十字は現在も公式サイトにて寄付を受け付けているそうです
タグ:本田圭佑

共通テーマ:スポーツ

錦織圭 [スポーツ]

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、左脇腹の痛みにより男子シングルス4回戦を途中棄権した第5シードの錦織圭(日本)は試合後の会見で、ゴルフの松山英樹がリオデジャネイロ・オリンピックの出場を辞退したと聞いて「僕もあまり出たくなくなった」と苦笑いで話したそうです

リオデジャネイロ・オリンピックは錦織の他に日本勢から、女子世界ランキング49位の土居美咲(日本)、同70位の日比野菜緒(日本)のシングルス出場が確定。また、女子ダブルスには土居/ 穂積絵莉(日本)組の出場が決まっている

「(松山と)会えるのを楽しみにしていたのに」とコメントした錦織はこの日、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦するも1-6, 1-5の時点で途中棄権し、日本男子で1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりのベスト8進出とはならなかった

続けて「テニスはしばらく出来ないので、治療に専念する。夏が大変なので、準備はしっかりしたいと思います」とハードコート・シーズンに向けて意気込んだよう

今後は7月25日からのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)に出場する予定です

ケガには注意してください

共通テーマ:スポーツ

本田圭佑 [スポーツ]

日本代表MF本田圭佑(29)が、イタリア1部のACミランから契約延長のオファーを受けていることが7日、分かった。本田の兄で代理人を務める弘幸氏が京都―千葉戦を視察に訪れ「延長の話はもらっています。でも今は、何も決まってはいません。これから話し合うことになります」とオファーを認めたそうです

 本田は13年12月にCSKAモスクワ(ロシア)からACミランに加入。17年6月までの3年半契約を結んでいるが、クラブは本田が在籍している間だけで、すでに5人目の監督を迎えるなど迷走を続けている。しかし本田の高いプロ意識はクラブから評価を得ており、4月に就任したブロッキ新監督の下でも直近のリーグ戦は2試合連続してトップ下で先発を果たしている

 サッカー界では契約を延長したい選手に対しては、残り1年以上前の時点でオファーを出すことが通例。今季終了後に残り1年となる本田に延長のオファーが届いたことは、クラブが信頼を寄せている証しだ。これまで戦力外や、今季限りでの退団など数々のうわさもあったが、自らの力でオファーを勝ち取った本田。現在7位と苦しむ名門復活へ、来年以降も背番号10の力が必要とされているようです
タグ:本田圭佑

共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ ブログトップ
SEO対策テンプレート