So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

清野菜名 [芸能]

俳優の賀来賢人さんが主演した2018年10月期の日本テレビ系連続ドラマ「今日から俺は!!」の公式SNSが2月22日に更新。女優の清野菜名さんと俳優の伊藤健太郎さんが、猫と遊ぶ和やかなオフショット写真が公開され、ファンから「ヤンキーと猫はマジで合う」「癒やされる」と反響を呼んでいるようです

 同ドラマは、西森博之氏の同名漫画を福田雄一監督が実写化したヤンキーコメディー。1980年代初頭を舞台に、三橋(賀来さん)と伊藤(伊藤さん)が結成する“最強ツッパリコンビ”の活躍を描き、清野さんは、三橋に思いを寄せる柔道家の一人娘・赤坂理子役を演じました。

 昨年12月16日に放送された最終回は平均視聴率12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。幅広い世代からの支持を集め、続編を期待する声も多数寄せられています。

 公式SNSには「猫の日ですってよ。にゃー」とつづられ、撮影の合間と思われる清野さんと伊藤さんが、猫と戯れているショットが投稿。ファンからは「ヤンキーと猫ってマジで合いますよね」「癒やされる」「この猫になりたい~」「いとおしい」「不良は動物に優しい」「かわいいの渋滞だな」などのコメントが相次いでいます。

 また、福田監督もツイッターで、「ヤンキーが猫をかわいいかわいいしてる姿ってのは、なんてキュンキュンするんだろうか」とこの投稿に触れ、4月24日に発売される、メイキングなど特典映像を収めたBlu-ray&DVDについて、「ハッキリ言って必要以上のボリュームです。かなり楽しんでいただけると確信しました」と自信をのぞかせました。
タグ:清野菜名

赤坂晃 諸星和己 [芸能]

赤坂晃が諸星和己と共演、大沢樹生への “ブラックジョーク” が笑えない
ライブ後、タクシーに乗り込む赤坂晃を直撃

 2月11日、東京・渋谷にあるライブハウスで、昨年8月以来となる元『光GENJI』赤坂晃のソロライブが行われた。この日発売となったCDの収録曲を中心にスタート。30分ほどが過ぎたとき、光GENJIのデビュー曲『STAR LIGHT』を歌い始めると突然、諸星和己がステージに現れ、ふたり一緒に歌いだした。

「事前に赤坂クンが“スペシャルゲストが来る”って言っていたから、ファンの間では“もしかして?”と話題になっていたんです。でも、まさか諸星クンとは。サプライズでした」(ファンのひとり)

光GENJIに“親子の話”は禁止だから
 驚くのも無理はない。このふたりといえば、グループの中で“いちばん遠い関係”としてファンには知られていた。

「年の差もありますが、ふたりは性格的に正反対。社交的でアピールが強い諸星さんと、人見知りで余計なことを言わない赤坂さんが話をしているのを見たことは、ほとんどありませんでした。グループ時代に諸星さんと山本淳一さんと佐藤アツヒロさんが3人で取っ組み合いの大ゲンカをしたことがありましたが、そのときも赤坂さんはそーっとその場を立ち去ったそうです」(芸能プロ関係者)

 ファンの絶叫が会場にこだまする中、歌い終えた諸星の痛烈なトークが始まった。

「赤坂と一緒に歌うのは24年ぶりよ。でも、お客さんに“親子連れで来てくれてありがとう”なんて言っちゃダメ。いま、光GENJIに“親子の話”は禁止だから(笑)」

 大沢樹生が長男として育てた男性が1月29日に傷害容疑で逮捕されたニュースを受けてのブラックジョーク。さらに話題は“'20年に活動休止”を宣言した『嵐』に。

「俺たちぐらいになると、“あそこの事務所”の先輩ですから、なぜ休止なのか、なぜメンバーが自由な時間がほしいのか、わかるわけよ!」

 そう語ってみせる諸星だが、週刊女性は以前、光GENJIの復活が近いと報じたことも。

「昨年からユーたちはさ、光GENJIが復活するかもって、盛り上がってんじゃない? でも、年月がたち、こうやって一緒のステージに立てたりメンバーとも7人で会ったりで、うれしいよな!」

 諸星の発言にファンは大興奮。赤坂も「一緒にライブをしましょう!」とノリノリ。ふたりは代表曲『ガラスの十代』も熱唱した。

「光GENJIの復活は難しいでしょうね。現在も2人がジャニーズ事務所に在籍中で、グループ名を使用して活動するには事務所の許可が必要ですから」(前出・芸能プロ関係者)

 さらに壁はある。赤坂と諸星が歌った前日と同日、都内の別の場所で、元メンバーの佐藤寛之と山本淳一もそれぞれライブを行っていた。ステージに立つなら、4人一緒でもよさそうだが……。

「なんかやろうよっていう話はあったけど、彼らとは音信不通なんだよね……」

 と、赤坂はライブで明かしていた。ライブ終了後、タクシーに乗り込む赤坂を直撃し光GENJI復活の可能性について聞くと、「どうなんでしょうね……」と、小さな声で首をかしげる仕草で去って行った。

花田優一 [芸能]

元貴乃花親方(46)とフリーアナウンサーの河野景子(54)の長男でタレントの花田優一(23)が、世の“大人たち”に「限度とモラルもない」と怒りの声をあげたようです

花田は離婚や靴職人としてのトラブルが報じられて以来、週刊誌やネットニュースなどでターゲットにされ、批判的な報道が続いている。そうした状況を受けてか、17日のブログでは「悟ることは最も大切なことの1つなのに そこから逃げた人間たちが作りあげた今の社会が悟ることを悪としている。真実を突き付けられることが怖くて人の足にしがみつくことにしか暇がないなら本気で大切なものに愛情を注いでみたりすればいいのに」と社会に対する不満をつづった。

18日には「お、と、な」のタイトルでブログを更新。「黙ってるからいい気になってるのか知らないけど そろそろ いいかげん」と書き出し、手の親指を下に向けたジェスチャーの絵文字を多数並べて、我慢の限界が近づいていることをほのめかし、「僕より年上の大の大人なのに限度とモラルもないなんて一生こどもでいいや 少年たち!!!暇な大人たちに惑わされるな!!!!」とつづった。
タグ:花田優一
前の3件 | -
SEO対策テンプレート