So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

ネット通販の相談 [日記]

インターネット通販で購入した製品による事故や健康被害の相談が増加の一途をたどり、2018年度は9月末時点で1448件と過去最多ペースで推移していることが17日、消費者庁の調査で分かったそうです

 被害が発生しても「連絡先が分からない」などの理由で補償を求められない例も目立つといい、同庁が注意を呼び掛けている。

 消費者庁によると、全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は、13年度が617件だった。4年連続で増加し、18年度は9月末時点で1448件に上り、最多だった17年度の2867件を更新する可能性がある。

 相談は5年半で計9248件。製品別の内訳は健康食品が最多の3765件(40.7%)で、化粧品2251件(24.3%)、飲料525件(5.7%)、家具・寝具314件(3.4%)が続いた。

 事故・健康被害に関する相談のうち、1カ月以上の治療が必要とされたものが160件で、死亡したケースは2件だった。死亡の2件はいずれも健康食品によるものだったが、製品との直接の因果関係は不明という。

 これら162件のうち、最多は化粧品45件(27.8%)で湿疹やかぶれなどの事例が寄せられた。2番目は健康食品26件(16.0%)で下痢や吐き気などの報告が寄せられた。

 また、被害が発生したため購入先に連絡しようとしても、「問い合わせ先が分からない」「電話がつながらない」などの相談も多かった。

 消費者庁消費者安全課は「返品条件などは購入前にきちんと確認してほしい。事業者の連絡先はメモに控えておいて」と呼び掛けている。 

共通テーマ:ショッピング

世界の果てまでイッテQ [芸能]

日本テレビのバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」のお祭り企画のデッチ上げ騒動が、波紋を拡げているようです。

 当初、11月8日発売の週刊文春によるラオスの橋祭のデッチ上げ報道に対しては、日テレ側が明確にやらせを否定したことで、騒動は収束するかと思われましたが。

 週刊文春側は、11月14日の週刊文春ウェブ版で、タイの祭りに関する新たな疑惑を糾弾。

 日本テレビ側も明確に非を認め、15日の夕方には日本テレビの大久保社長が定例会見で謝罪をし、当面お祭り企画は休止すると発表するまでに話が広がってきています。

 さらには並行して女性セブンの記事で、116回のお祭り企画の中で、11個が存在を確認できないという話も出てきており、まさに情報が錯綜している状況です。

この件に関する私のスタンスを明確にしておきますと。

 我が家は毎週のように家族全員でイッテQを観ている、典型的なイッテQファンの家庭です。

 特に、お祭り企画は大の好物でして、問題になっている橋祭りも、カリフラワー祭りも、観たことがあります。

 特に橋祭りについては、いかにも日本のバラエティ番組でやりそうなお祭りの内容に、ラオスも日本に似てるんだなぁとか勝手に思いこんでた記憶があります。

 そういう意味で、今回のヤラセ疑惑報道に関して、我が家の家族は一貫してイッテQ擁護派で、妻からすると「テレビ番組なんてどうせ全部演出なんだから、家族が楽しく観れてるならそれで良いじゃない」ぐらいのスタンスの模様。

 私自身も、お祭りが本物で無かったのは残念だなと思うものの、お祭り企画自体は継続して欲しいと心の底から願っている1視聴者です。

■初動での否定が「ウソつき」という印象に
 ただ、その視点で見ると、やはり今回の騒動における対応で心底残念なのは、日テレ側が、週刊文春のデッチ上げ指摘に対して、明確に初動で否定してしまった点です。

 先週の時点では、日本テレビ側の明確な否定に、芸能界からも擁護の声や週刊文春批判の声が多数聞かれましたが。

 結果的には、この否定が、後から振り返ると一般人からは、明確に「ウソつき」という印象につながってしまうことになります。

 「炎上対策の基本は初動」というのは、炎上関係の記事に必ずと言って良いほど明記される項目です。

 初動対応で遅れを取ったり、この初動でウソをつく、少なくとも周囲からウソに見える発言をすると、その後の対応が一気に苦境に追い込まれることになってしまうのです。

 奇しくも、イッテQの出演者であったベッキーさんが2年前の春に不倫疑惑で炎上した際も、週刊文春報道の機先を制して実施した釈明会見で、ベッキーさんが友人関係を強調したことが、その後の週刊文春の二の矢の報道で、「ウソつき」のレッテルを貼られる結果となりました。

   
 今回のイッテQも、一の矢の報道に対する日テレの初動における否定を、週刊文春が二の矢で見事に崩してしまったという意味では、ベッキー騒動の際と全く同じ構造です。

 ある意味、日テレは2年前のベッキー騒動から何も学んでなかったのか、と悲しくなるイッテQファンの方は少なくないでしょう。

共通テーマ:テレビ

高校サッカー選手権応援マネージャー [スポーツ]

11月14日、全国高校サッカー選手権の応援マネージャーが発表されたようです

 過去には新垣結衣さんなども務めたことで知られる高校サッカー選手権の応援マネージャー。今回で14代目となるなかで、大役を託されたのは清原果耶さんだ。女優やモデルとして活躍する16歳の清原さんは現在高校2年生。2014年に「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリを獲得すると、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビューを果たした。以降も多くのドラマや映画で起用され、「3月のライオン」や「ちはやふる-結び-」に出演。また、2015年から新潮社「nicola」、2018年から集英社「Seventeen」の専属モデルとしても活躍をしている

 清原さんは歴代の応援マネージャーと同様に、12月30日の開会式・開幕戦をはじめ、大会期間中は各試合会場で選手たちを取材。試合当日夜に日本テレビで放送されるハイライト番組や、準決勝と決勝の高校サッカー特番などに出演する予定で、11月19日に行なわれる組み合わせ抽選会にも登場して選手宣誓の抽選を行なう。また、今回は応援マネージャー初めての試みとして世界的振付師を迎えて現役高校生たちとダンスに挑戦し、冬の風物詩を盛り上げるという。

 現在、本大会に向けて行なわれている都道府県予選が佳境を迎えている。大舞台を目指して熱戦を繰り広げており、その選手たちをサポートする清原さんの動向にも注目したい。

【高校サッカー選手権応援マネージャー総覧】
1代目(2005年度) 堀北真希
2代目(2006年度) 新垣結衣
3代目(2007年度) 北乃きい
4代目(2008年度) 逢沢りな
5代目(2009年度) 川島海荷
6代目(2010年度) 広瀬アリス
7代目(2011年度) 川口春奈
8代目(2012年度) 大野いと
9代目(2013年度) 松井愛莉
10代目(2014年度) 広瀬すず
11代目(2015年度) 永野芽郁
12代目(2016年度) 大友花恋
13代目(2017年度) 高橋ひかる
14代目(2018年度) 清原果耶

共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -
SEO対策テンプレート