So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

モヤモヤさまぁ~ず2 [芸能]

「ワールドビジネスサテライト」メインキャスターとして活躍する大江麻理子アナ(40)も、昔はこの2人の“餌食”になっていた。

 お笑いコンビ・さまぁ~ずの冠番組、「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系)のアシスタントアナウンサー選びが難航している。一昨年の10月から3代目アシスタントを務めていた福田典子アナ(28)が今年5月末の放送で卒業。スポーツ紙は翌週の放送で4代目のアナウンサーを発表すると報じていた。

「結局、翌週には発表できず、急場しのぎの代打アシスタントを立てて、8週分放送することに。アナウンス部でも4代目の人事を巡る情報はトップシークレットになっています。というのも、福田アナの降板を巡っては局内でも色々と噂されているので……」(テレビ局関係者)

 卒業は、メインのスポーツ番組に専念するため、というのが表向きな理由だったが、

「福田アナのまじめすぎる性格が、最後までさまぁ~ずの2人と噛み合わなかったんです。カメラが回っていない時には会話が無いことも多かったとか。うまく進行役を務められず、泣いている姿をスタッフが目撃することもありました。精神的に限界だったのでしょう」(同)

 故郷の福岡でアナウンサーを3年間務め、テレ東に転職。初の大仕事が「モヤさま」だった。

「ホークス担当のアナウンサーとして地元で寵愛されていた彼女にとって、さまぁ~ず持ち前のセクハラ・パワハラ的な接し方に面食らったのでしょう。日々疲弊していく彼女を間近で見ている他のアナウンサーにとって、『モヤさま』アシスタントは登竜門ではなく鬼門になっている。そりゃあ後任人事が決まらないわけです」(芸能担当デスク)

 女子アナのホステス化、ここに極まれり。

「週刊新潮」2019年6月27日号 掲載

ハラ [芸能]

元KARAのク・ハラ(28)が27日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。26日に出演したテレビ東京「テレ東音楽祭2019」での“ハプニング”についてコメントした。

 ハラは「昨日、久しぶりの音楽番組すごく楽しかったです」と、番組出演の感想をつづると、「昨日はびっくりしまして、ハラハラしましたが、、最後まで頑張りました」と、パフォーマンス中に衣装がずれてしまうハプニングについても振り返った。

 そして「応援してくださって、ありがとうございます!また、会いましょう!!」とファンへの感謝の言葉で締めくくっていた。

 26日の番組でハラは、KARAの日本デビュー曲「ミスター」を熱唱。大ブームになった“お尻ダンス”も披露した。パフォーマンス中には衣装の一部がずれてしまうハプニングがあり、歌唱後「ちょっとハラハラしました。頑張りすぎちゃって…。みなさんごめんなさい」と頭を下げていた。
タグ:ハラ

宮迫博之 千原ジュニア [芸能]

お笑い芸人13人が反社会的勢力の忘年会や誕生会に参加してギャラをもらっていた疑惑で、芸人らはこぞって当初否定していたギャラの存在を認め、所属事務所である吉本興業とワタナベエンターテインメントは謹慎処分を言い渡した。

今回、特に注目を浴びているのがこの一件での最年長で、もっとも収入が多いと思われている「雨上がり決死隊」の宮迫博之だ。

宮迫は「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております。相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません。どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした」と謝罪コメントを発表したのだが、このなかにも本当に反省しているのか、疑わしく思われる部分があるという。

「情報番組『ビビット』(TBS系)でも、千原ジュニアが指摘していましたが、『間接的ではありますが』と言い訳じみた文言が入っているのです。ジュニアは『そんな言葉はいらない。本当に申し訳ございませんでしただけでいい』と苦言を呈し、さらに『質疑応答込みの記者会見をやるべき』と提言しています。宮迫のコメントにはネット上でも『序列的に最も責任を感じなければいけないのに最も往生際が悪い』『不貞の時もうやむやにしていた』『自分を守るために必死だな』など、小物ぶりを露呈したコメントにあきれ返っているようです」(芸能ライター)

宮迫の場合、不貞騒動に続く不祥事だけに、今回の「闇営業」と「ウソ説明」は、厳しく“断罪”されても仕方ないのだろう。
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。